京大入試カンニング事件

| コメント(8) | トラックバック(0)


Twitterの方でいろいろRTしたりつぶやいたりしていましたが、幻滅させられる事件でした。

大学側が被害届けだしたことに失望しました。

そして大騒動にしたマスコミに絶望。
初日が大きな記事なのはわかりますが、何日もトップ記事ってどういうことですか(怒)。ただのカンニングが火事や泥棒よりも大事件なわけだ。続報は三行記事で十分。世間の関心が高いといっても、たかだかカンニングです。大新聞のトップ記事にすることじゃない。
「これだけ世間を騒がせてますから、」と逮捕時に言ったコメンテーターがいましたが、大騒ぎにしたてあげたのはマスコミです。
で、矛先が自分らにくると、大学の対応を問題視する記事を書く、と。いいかげんにしてほしい。
再発防止に続報必要です。でもそれはたんたんとした通信記事で十分。

さて、答案からカンニング者を見つけることは京大の問題であれば難しくありません。
それでダメだった場合に大学から被害届け→刑事事件ならばわかります。
もっとも、あとから「初動の段階では内部犯行か印刷所からの可能性も」という意見を読みましたので、そうであれば被害届はなんとか私にとっては容認できます。いえ、どうこういう立場にないっちゃそれまでなんですが。
でも逮捕や刑事告訴、起訴はどうしても違和感を感じる。民事よね? と。
被害届でて、珍しく被害届にも関わらず警察が真面目に捜査してくれて、かれのやったことが業務妨害を構成「しうる」、ということはわかります。
でも業務妨害やら公務執行妨害やらは便利すぎてなんでも犯罪にしようと思えばできてしまう。
大学が業務を妨害されたのはそのとおりでしょう。
じゃ、賃料滞納者はみんな業務妨害だな。民事不介入でものすごく困ってる敷地内の無断駐車も業務妨害で、道路整備のための境界測量で土木事務所と違う意見を主張したら公務執行妨害。高等教育の授業中の私語も私学では業務妨害で、公立では公務執行妨害。なんでも使えちゃう。
なので、犯罪を構成しうる行為と結果の多くの部分を「民事」として取り扱うことで、社会はバランスをとっているのだと思うのですよ。
その意味で今回の事件は民事で本来やるもので、初動時点で被害届を出すところまではやむをえないにしても、任意同行で実行者が明らかになった時点で、刑事関連の諸手続は取下げるべきだったと思うのです。

この事件については別の視点も持っているのですが、それは項を分けます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/1391

コメント(8)

>さて、答案からカンニング者を見つけることは京大の問題であれば難しくありません。

え、そうなんでしょうか?
全く同じ答案であっても、それは状況証拠でしかないし、シラを切られたら終わりですよね。
大学には捜査権もないし。
借りに問題漏洩かどうかが問題ではなかった(カンニングありきとしてた)としても、彼の単独犯かどうかはわからなかったですよね。
少なくとも僕は、最初一人じゃ無理だと思ってました。
ネットの回答をみて、でも要領良く簡単に分からないように変えて書いた人間が、何百人も居たかも知れない。
協力してる大人が居たかもしれない。それは複数かもしれないし、お金もらってやってる人達だったかも知れない。
ほっといたら、後期日程でもっとひどい事が起きるかもしれない。

そういう状況だったと思うので、僕は、大学の対応としては正しかったんじゃないかと思ってます。

おっしゃるとおりです。なので、「京大の問題であれば」とつけたんですよ^^;
京大の問題って、2時間でわずか数問しかでません。
そのかわり、すべてフル記述です。
英文和訳も和文英訳も「文」ではなく「文章」で答えないといけない。
数学も解答だけでなく解法も採点対象です。数学はある意味ロジックの塊ですから、解法をきちんとかけば、文章と同じくその人の「文体」が現れます。
なので、少なくとも京大に限って言えば、カンニングした人を見つけ出すのは難しくないと考えました。何百人も該当者がいれば、それこそ「入試の根幹が揺らぎ」ますから、迷うことなく入試をやり直しでしょう。
シラを切られたら、というのはもっともですが、大学の合格者は定員どおりでないといけないというわけでもないので、一人余分に合格させたっていい。別日程で「容疑者」を再試験したっていいわけです。
↑これはこうしたほうがよかった、というよりも、刑事事件にするほかにいろいろやりようはあるだろう、ということです。そのあとでも刑事事件にできるのだから。

京大受験したけど、もう随分前で、あまり記憶してませんが^^;
ロジックの骨子が理解できていれば、自分の言葉で書き換える事は可能じゃないでしょうか。
全合格者に対して、その回答を参考にしたかどうか、正確に判断するのは困難ではないかと思います。
予め単独犯だと限定できてれば、そんなに急ぐ必要はなかったとは思いますが。
私はこれを読んでなんとなく胸に落ちました。
http://togetter.com/li/107865

本件、私は学内で調査、処分すべきだったと思います。
少なくとも、速攻で警察に依頼は違和感を感じました。
ネットでも、学内では調査も処罰も出来ないという意見が多いようですが、学校(会社や賃貸も同じ)とは本来 自治が当たり前です。
私法の有効性は、どの自治が及ぶ範囲内のみなだけです。

学校が出来る範囲で調査して不明なら、それも選択と思います。
処分は、入学を希望する人に、それを合格点になっていようが不合格にする以上の処分は出来ないでしょう。 処分として、見つからずに入学、卒業しようが、時効なく判ったら卒業資格は取り消し学費は返金せずとしたら、どうでしょうか?
成功すればするほどリスクが大きくなるのですから、これは厳しいですよ。 これを法的に有効にするには、入学にあたり誓約書を出してもらえば良いでしょう。 不正をしない人には、何ら問題がないのですから。

かーそえさん>
ロジックがわかっていれば、確かに書き換えは可能です。
でも和文英訳の問題でそれができる人は、カンニングしなくても余裕で普通に英訳できると思います。
日本語ですらロジックを変えず、かつ文章を破綻させずに別の表現に変えることは経験のない人にはかなり難しいですよ。
東大京大にフタケタの合格者を出す進学校で非常勤講師を昨年度までしてましたが、記号や単語だときっちり答えられる学生でも、文章をかかせると……(ちなみに理科)。ロジックはわかってることは読み取れるものの、文章になってない解答だらけで大弱りしました。
本件は複数教科複数問ですから、それだけでもかなり絞りこめます。容疑者がもしたくさんいて組織犯が疑われたら、入試やり直しが妥当でしょう。(ここまできたら刑事はわかる)ちなみに京大には後期日程はありません。

五反田猫さん>そうなんです。自治=民事の範疇のことだと強く思います。かそーえさんが紹介してくださったトゥギャりは記事を書く前に読んでいました。形式的に刑事事件を構成しうることは、理解できます。でも実務になじむことじゃないですよね。実務というのは形式的な刑事犯をすべて検挙してたらきりがないとかいう問題ではなく、自治という近代法の精神・民主主義の精神に反するからです。なので、普段の卑近な民事不介入事件にグチはいいますが、社会としてはそれで健全なのだと思っています。

何度も書き込みごめんなさい。
英語でしたか。ニュースで式とか言ってた気がしてたので、数学と勘違いしてました^^;
英語は確かに長文読解が特徴だった記憶があります。
僕が犯人特定が必要だと思うのは、学力が劣るものを入学させる事がマズイとか、犯人に罰を与えるのが必要だという理由ではなく、他の受験生(後期日程の受験生や、来年以降受験生になる子達も含む)に、「不正しても見つからないかもしれないんだ」と思わせるのは駄目だと思うからです。
ですから、後期日程の前に、誰がやったのかはっきりさせる必要があったと思ってます。
この観点では再試験などではなく、物的証拠ではっきり白黒つける必要があり、そのためには警察の捜査権が必要だったのではないかと思ってます。

連続投稿ごめんなさい。
先ほどのコメントの要旨は自分のエントリにも書いてたんですが、付け加えると、あんなに報道されてなかったなら、他の子達への影響を考えなくて良かったのなら、警察沙汰にする以外の選択肢もあったかとは思います。
今回の件は当初より報道のされ方が不快で、自分からはニュース追いかけてませんでした。
(科目を認識できていなかったのも、この為です)
しかし、ニュースを追いかけていないのに、逮捕された事を知ったのは「逮捕は良くない」というツイートであったというのは、皮肉な事でした。

かーそえさん
いえいえ、お気になさらず^^
「数学も」です^^;
報道で引っ込みがつかなくなった側面はあるでしょうねぇ。
>「不正しても見つからないかもしれないんだ」と思わせるのはダメ。
同意です。そこからどう方法を取るのか、はいろんな考え方があるのでしょう。
私は五反田猫さんとほぼ同じ意見なのですが、京大は矜持よりも受験生へのウケ(言葉はキツイですが)を優先したなと思いました。京大の経営判断と言ってしまえばそれまでですし、私の失望も思い入れとおってしまえばそれまでなんです^^;

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

最近のコメント

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2011年3月 5日 09:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「雨漏り調査 未だできず」です。

次のブログ記事は「カンニング事件 続き」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。