水難つづく。

| コメント(0) | トラックバック(0)

先週から水難続きです(ToT)

某物件で台所へ上から漏水。
休日だったけど業者さんが走ってくれて、上階のユニットバスの点検口から検査。
竪管の排水詰まりが原因。
その時に見た、隣を走る給水管。変な水にじみがあるのでさわってみると……T継手と配管が接着されてなかったそうな。おそらく竣工時から。よく今まで25年間漏れなかったもの。

同じ物件で今度は別の部屋で漏水。
原因は上と同じ。上階に確認を取ろうとするが、つかまらない。
学生マンションなので、実家経由で連絡。夜中に男性スタッフの訪問となったけれど、実家から連絡が行ったので、こともなく。

そして別物件で漏水。今度はファミリータイプの部屋。
原因はキッチンのシングルレバーに何かあたって、水が出てたよう。
シンク内だから通常なら、水道代が上がるだけなのだが、運悪くシンク内にあったフタが流れて排水管に詰まって家人の留守中にあふれだした。
4階だったので3階から下の台所が全滅。

もう一軒。別物件。
雨漏りでは、と疑われた部屋で業者さんの調査に同行。
防水の弱い場所はみとめられず(去年やったばっかり)、上下の部屋の状態とも突き合わせると、こちらは結露のよう。
石油ファンヒーターを使ってらしたので、冬場はこれに起因するところが大きいと思う。
でも、夏場もひどいらしいので、対策を考え中。
とりあえずエアコンでふさがってないスリーブを換気用に使うことにしようと思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/1388

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2011年2月13日 00:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「家主さんの餓死――豊中60代姉妹死亡事件を読み説く④」です。

次のブログ記事は「太陽光発電on賃貸物件 発電開始一ヶ月!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。