自殺の二次被害?

| コメント(2) | トラックバック(0)

全国自死遺族連絡協議会という団体が、自殺者遺族の二次被害を防ぐ法律の制定を求めているそうです(日経新聞)

賃貸住宅で自殺者が出ると、貸主は遺族に損害賠償請求をします。
その基準の制定を求めている模様。

自殺や殺人で事故物件になるほど、貸主にとって怖いことはありません。
ローン返済中の物件だと、こちらもそれが元で破産する可能性だってあるほどです。
実際にどのぐらいが妥当かはともかく、損害賠償請求は成立すると思います。

で、この妥当がどれくらいが難しい。
「実際に」生じた損害でないと損害賠償請求できませんから、ご遺族がどれほど不当な額という印象をうけようと、少なくとも外形的には損害が生じているはずだと思います。
また大都市の下町の真ん中で、低価格帯の物件では、「事故」が物件に与える影響は比較的少ないですが、郊外で環境のよい物件などでは10年ぐらいはなんやかや言われて相場の賃料では借り手がつかなかったりします。
立地差・物件差が大きいんですよね……

でも一番この記事に腹がたったのは

「二次被害」

という言い方です。
では、「一次」は??
自殺者は遺族にとって「加害者」なんですか??
なんだかそうとれてしまう言い方で気に入らなくてたまりません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/1374

コメント(2)

私もこのニュースには
ちょっと疑問を感じました。
このニュースに限らず、
大家さん=金持ち、だから借り手を保護みたいに
単純化されているような論が少なくないなと思います。

ありがとうございます。
うちの業界では、過払い金バブルが終われば更新料と礼金、といわれてますが、さらにコレを持ってくるか、という感じです^^;
ご指摘の単純化の歴史は数十年ありますので、容易にはなくならないのだろうな……(泣)

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

最近のコメント

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2010年11月13日 21:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「造作の仏壇」です。

次のブログ記事は「賃料を下げると入居者の質が落ちる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。