築38年SRC造 エントランスに気合いのはいりまくった大改修物件 ②

| コメント(1) | トラックバック(0)

では、ちょっとコワイお話編です。

前回見た、ブロック塀を曲線加工してジョリパットぬったこのおしゃれな塀。

2010 03 12_6316.jpg

ちょっと裏に回ってみましょう。

2010 03 12_6330.jpg

思い切りエフロ(白華)が出てます^^;


次に建物躯体部分です。外壁塗装するときは、一緒にするのが基本。
現場うちのRC造りの場合、打ち継ぎ場所や窓まわりなどにクラックが入りやすいのです。
では窓のまわりをじーっと見てみましょう。

2010 03 12_6326.jpg

クラックめっけ。
この程度のヘアークラックなら、クラック補修してから塗装かけると、ほとんどわかんなくなっちゃうものなんですが......。
塗装後に割れてきているみたいなので、塗装の下が気になるところです。

外壁塗装時に通常一緒にやることの一つ。
シーリングの打ち替え。窓まわりその他のシーリングを打ち替えます。足場がないとできませんからね。
ところがこの物件は......

2010 03 12_6325.jpg

打ち替えをしてません。正確にいえば、以前に増し打ちをしているようではありますが、どちらにしてもけっこう傷んでます。
雨水の侵入や結露の原因になります。

えーと、このベランダ壁は、なんで斑なんでしょう^^;

2010 03 12_6328.jpg


鉄扉のアップです。

2010 03 12_6385.jpg

旧塗膜が傷んだ跡の凸凹がそのまま見えます。ケレンを本当はもっとするといいのですが......。
徹底したケレンを求めるのは、どの現場でもなかなか無理があることではあるのですが。

仕上げがとても美しいだけに、下地の状態が気になるこの物件。

わざとそうしているのなら、それはそれで一つの方法だと思います。下地処理ってきちっとやると手間も費用もかかります。
建物寿命よりも商品としての寿命の方が短いのですから、実害がなければ割りきるのも戦略です。(クラックは見栄えは悪いし、建物寿命には影響するけど、部屋うちへの影響は少ないし。シーリングも部屋うち窓まわりの傷みは激しくはなるけれど、費用かけたってどうせ築古、家賃が上がるわけでなし。シーリングにお金かけるよりも部屋うちの補修でいった方がイロイロ楽だと思うとか)

でも、もし。
きっちりすべて工事するつもりだったのに、工程のなかに入ってなかったら......?
コワイです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/847

コメント(1)

プロの大家様のお気持ちがわかるブログだと感じました。このような大家さんの物件に住んでいる入居者は
幸せと思います。自身も将来的には物件を持ちたいので
読ませていただいております。

さて、弊社では『塗装見積もりお助け隊』(htttp://www.tosomitumori.com)という塗装業者とお客様を結びつけるマッチングサイトを運営致しております。 お客様に『匿名』&『無料』で地元密着の優良な塗装業者を複数紹介するサイトです。

塗装業者には当初、市レベルの地域名+施主様のイニシャルと図面、写真、要望を伝え見積もりを依頼して提出頂く方式です。

お客様は塗装業者に会わずに要望を出して概算見積を入手、売り込みは一切掛けられない仕組みです。

アパート管理組合からの見積もり依頼で成約も頂いたこともあり、大家さんにもとても役立つサイトです。

ご興味がございましたら、サイトをご覧ください。

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

最近のコメント

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2010年10月 3日 20:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「築38年SRC造 エントランスに気合いのはいりまくった大改修物件 ①」です。

次のブログ記事は「築38年SRCの大規模改修工事例」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。