入居審査の話

| コメント(1) | トラックバック(0)

書いてそうで書いてなかった入居審査のお話。

こないだ学生時代の後輩に会うと

「入居審査に収入証明出せって言われて。。。」

とまどった話をしてくれた。
そこから入居審査の話になった次第。

入居申込書を見たときに、家主がどんなことを考えてるか。
もちろん私個人がやってることなので一般的とは限らないことをお断りしておく。

1.家賃を払って暮らしていける収入がある。

コレ、一番大事。
後輩はとまどったが、収入証明を出してもらうことはごく普通に行われている。
とはいえ、審査時には申込書に書かれた自主申告の数字に基づいて考える。
自営の人なんかだと、収入か所得かごちゃごちゃなことも多いしなー。


2.連帯保証人がいる

保証会社というビジネスが登場してウェイトは少し下がった。とはいえ、これも大事。
ウチで今年審査落ちした人のほとんどはここで引っかかっている。
ただし、保証人がいないから落ちたわけではない。
こちらから保証人に確認とあいさつの電話を入れる。もちろんこのことは仲介業者を通じて申込者にも言ってある。
でも、電話をすると保証人に断られるのである(苦笑)。
申込者本人とは仲介業者が間に入っているので話す機会はほとんどないが、保証人さんへの電話で、いろんなことの察しがついたりするのである。


3.職業・勤続年数

申込者本人の信用を読み取る部分。
勤続年数は長い方がよい。が、自営業の方の場合は引越の理由が気になるところ。
経営難で引っ越す場合も多いからだ。
単純にここだけを見てどうこう、というよりも、職業と勤続年収は本人のバックボーンを物語る。
転職の多い職業か? 夜勤のある職業か? 地域のお取引先は? 年齢と勤続年数のバランスは?
夜勤のある職業なら騒音トラブルを招きやすいので、ある程度フォローする必要があるし、
転職の多い職業は短期間での退去や滞納の発生が多いので、家主にとってはややリスキーである。
地域に有力な取引先がある場合は、そこの景気にイロイロ左右される。
また、上記のフォローやリスク対応していくためのコミュニケーションをとるために必要な情報でもある。


4.家族構成

収入と家賃のバランスに大きく影響を与えるのが家族構成。
一昔前は子どもが生まれたら退去! とかいう物件があった地域もあるようだが、うちではそんなことはない。
でも子だくさんだったりすると
「あ~お部屋が傷むな~。住むなら長く住んでくれ~」
とか
「教育費のかさむお年頃......。収入とのバランス気になるな」
とかは正直ある。
ダブルインカムどころかトリプルインカムで審査してくれ、という依頼を受けることもある。(子どもが独立したら家賃はどうするんだろう)


5.現住所

引越の理由を推測する部分。もちろん仲介業者さんにも必要に応じて引越理由は聞く。
現住所をみると、そこが戸建てなのか、集合住宅なのかとかがわかる。
今回の引っ越しは転勤か、建て替えか、家族構成の変化にともなうものなのか、収入の増減にともなう物件グレードの変更か。


6.書類がそろう

住民票(または外国人登録証の写)・連帯保証人の印鑑証明・収入証明。
これが絶対はずせない基本書類。
あとは写真もだしていただく。身分証明の補完である。
書類がそろわない人は......基本的にお断りである。

7.入居希望時期

いや......半年先予約! っていわれても。
というあたり。空室とのバランスにもよるが、申し込み後、2週間から1ヶ月ぐらいの間に入居していただくのが望ましい。
長く部屋をおさえられたあげくにキャンセルというのは、もっとも困る行為であるので、気が変わらないうちに、というのもある。
しかし、あまりにも急な入居を希望する場合は、ワケありなことが多いのでお断りすることも多い。


8.バランスがとれている

実は「1.家賃が払えるだけの収入がある」とならんで一番大事なのがコレ。
物件と収入・家族構成・引越理由・職業のバランスがとれていること。
バランスが崩れている場合は何かがあるので警戒対象。


番外:めったにないけどごくごくごくまれに

どうしても相性合わないよ! 虫が好かないよ!
でお断りする場合も皆無とはいえないm(_ _)m
平身低頭しながら白状しておく。
だって長いつきあいになるわけなんで。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/834

コメント(1)

貸し手市場の時代はとっくに終わってるのにバカみたいw
いまどき写真出せだの、空き部屋かかえるタイプだな。

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

最近のコメント

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2009年12月21日 23:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「LDKが洪水」です。

次のブログ記事は「今年の十大事件①」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。