自由に賃貸を

| コメント(2) | トラックバック(0)

「大家さんのひとりごと」の方にコメントをいただいたご縁で、この間

リフォームフリーな賃貸物件 Free-c

を運営するクララの濱野さんのお話を伺いました。

私も賃貸業界、動きが激しいようでいて、どっか硬直してるというのはとても感じます。

テナントだけでなく、住居にだって貸すのはスケルトン、インフィルは入居者、というのが分譲マンションだけでなく(分譲マンションのスケルトンは管理組合から借りてるようなモン)、賃貸でもあってもいい。
(ずいぶん前に外資社員さんともこんなお話をしたような)

や、さすがに賃料が修繕積立金レベルってわけにはいきませんが。

流行りのリノベーションだってうっかりやれば、オーナーの自己満足にしかならない、誰のためにやってんだ、ってことを考えると、そこに住む入居者のオーダーを取り入れるというのは合理的です。

リフォームフリーな賃貸物件 Free-c  の場合、オーダー工事費用は原則借主負担ですが、オーナーと相談できる余地もあります。
逆にオーナーの立場で言えば、借主さんとの相談や調整なしには商品にしにくいです。
一部屋一部屋、状態が違いますからね。。。。

あとは工事費用と賃料とを、どう調整するかという問題。
これがめんどくさいので、薄利多売でないとやっていけない賃貸仲介業者がこれを扱うのは難しい。

でも、建築士や建築会社なら別です。
面白い切り口の商品。コーポラみたいに細く長く魅力的に続くといいな。

そうそう。
借主の方は、建築士さんに、候補物件の内装だけでなく、トータルにどうなのか、躯体や環境、管理状態等も聞くと、仲介業者さんとは切り口が違ってておもしろいと思いますよ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/1304

コメント(2)

こんにちは、とんだ一日でしたね。
悪いことは重なるという典型みたいな一日で災難でした。

士のつく人には、時々 一般の感覚と違ったり、自分はサービス業では無いと思っている人が多いようです。
センセイと呼ばれるので勘違いしているのか、それとも自分の職分を限定して調停や関係者の機嫌取りは仕事の外と思っているでしょう。
そういう限定も可能ですけれど、それならば請け負った時に”免責事項”として書面提示して欲しいものです(笑)


年が変わるのはありがたいもので、実際には時間も状況も連続しているのですが、気持ちはリセットされるので、消費マインドやらお金を使う気分が良い方へ動いてほしいものです。

やさしいお言葉、ありがとうございます!

測量だけでなく、建築とか、法務もそうなんですが、プロの方が素人のフォローをしてくれると思っちゃいけませんよね。。。。。
プロの職域というのは思ったよりも狭い、というか、自分の守備範囲からは一歩も出ないタイプの人も多い気がします。

私はついくちばしをはさんでは玉砕したり嫌がられたりしてますが。。。。。^^;

士業の方とは、自分と相性がいい人が見つかるまでが辛いです。。。

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

最近のコメント

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2009年12月 7日 23:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「錦秋」です。

次のブログ記事は「電気契約」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。