「仲介手数料無料」の考え方

| コメント(0) | トラックバック(0)

091015-153618.jpg

時折見かけるようになった、「仲介手数料無料」。
「借主さんから報酬をもらいません」
という、デフレ時代の強い味方である。

仲介手数料無料ドットコム というサイトまであるぐらいだ。
(実はウチも使ってたりする。家主直だから仲介料いらない)


が、ここでよくよく考えてみてほしい。

「お部屋探しの仲介」というのは、借主にとっては「自分の立場にたった、プロの腕前」を頼むのである。
法律的には準委任契約と言われるらしい。
要は「おカネを払って」物件探しや、条件の確認、交渉の伝言、契約書作成などなどを「自分の代わりに動いてもらう」のが借主にとっての仲介業者の意義のはず。

そこを無料にするとどうなるか。
そんなことして「借主のため」が担保されるのか。

ハナハダ不安である。

写真の業者の場合、「自社管理物件に限る」とある。
逆にいえば、仲介手数料を無料にしようとすると「原則として自社管理物件しか紹介されない」のである。囲い込み戦略。

もっとも、借主がその物件を気に入れば、もちろん

借主は費用が安くあがってWin
業者は自社物件の空き室を埋められてWin

のWin-Win関係が出来上がるので、そう捨てたものではない。いや、リーズナブルに部屋探しができること請け合いである。(消毒料だとかオプション費用の問題はここでは無視する)

ただ、Win-Winの背後は、

業者の空き室埋め>お客様のための部屋探し

であることは注意する必要があろう。


さて、「仲介手数料無料」にはもう一つのパターンがある。

家主との直接契約である。そもそも「仲介」行為がないので仲介手数料は発生しない。
実は家主にとっても、仲介業者に仲介手数料や広告料を払わなくていいので、互いにお得な関係に見える。

「直接交渉するのはきまずい」

という気持ちの面もあるが、それを乗り越えれば............

と、言いたいところだが、そうは問屋が卸さない。

直接契約は、実はけっこうリスクがある。

まず、内見~契約に至る家主の契約スキルがバラバラ。
もっともこの点は、ネットで直募集しているような家主は、意識が高いので、そういう点ではある程度安心できる。メールでのやりとりで、スキルの低いところはさっしもつく。
しかし、万一トラブルがあった場合の担保はない。(仲介業者は宅建業法で最低限の事務スキルとトラブル時の賠償は担保されている)

そして何よりのネックは、一つの問合せや訪問・内見で得られる物件情報の数が限られる、とうことだ。多くの家主では1件のみである。まれに数件という場合もあるが......。
仲介店舗の訪問では数枚の物件カードを見せられ、いいのがなければ再検索してもらい、数件の物件を内見することができる。
これから何年かの住居を選ぶ部屋探し。
「これだ!」
という物件の空きを待っているならば別だが、通常の引っ越しではいくつかの物件の中から more better を選びたいのは人情というもの。
しかし家主との直契約をしようとすると、その「いくつか」を得るための時間のロスは馬鹿にならない。
(家主仲間のネットワークが作れて、相互紹介できれば、と思うこともあるが、現実にはナカナカ難しい)

ホントに自分に会った物件を探したい場合は、仲介手数料を惜しむなかれ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/833

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2009年11月 4日 23:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インフルエンザ」です。

次のブログ記事は「「仲介手数料無料」の考え方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。