更新料裁判

| コメント(2) | トラックバック(0)

私にとっては残念ながら、高裁で敗訴しました。
消費者庁ができるタイミングでもあるしな。。。。。

次は上告審、最高裁判断が出ます。

うちの場合は数年前から、更新料ありなし二本立てで、借主の方に好きな方選んでもらってます。法律論以前に、売れない商品置いててもしゃあないので。
すると「あり」の方とる人もそれなりにいてはりますね。転勤時期やボーナス時期のからみで。みなさんかしこく使いこなしてはります。
消費者保護と消費者をスポイルすることは違うよ。

一方で、仲介業者さんに付帯商品をそれと知らずに売りつけられてる借主さんもいてはるので、そう思うと仕方ないのかも、とも思ったり。

また本家サイトに判決文をUPせねばですが、とりいそぎ下記紹介します。

貸主側 「更新料問題を考える会」

借主側 「敷金問題研究会」

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/1288

コメント(2)

はじめまして。

京都で、母が経営していた12室の学生マンションを引き継ぎ(ついでにローンも引き継いで)奮闘する"おひとりさま"です。武水さんとはたぶん同年代と思います。どうぞよろしく、です。

先日、管理会社から毎年恒例の、家賃の引き下げと管理手数料の値上げ(1.5倍に!)を提示されました。今回はそれに加えて更新料の廃止も・・・。今までも、メンテナンス費用を差し引くとローンの返済程度の収入しかなかったもので、今回の大幅減収に頭を抱えています。

更新料裁判、京都で3件、またもや借主勝訴の判決が出ましたね。
京都で更新料の制度が出来た背景には、地方から来た学生さんが多く、使い込んで家賃を滞納するパターンが多かったので、家主の自衛手段として始まった、と聞いていますが・・・。

いずれにせよ、どんどん消費者優位の世の中になって、先行きが思いやられます。

へらじかさん、はじめまして。
遅くなって申し訳ありません。こちらこそよろしくお願いいたします。

更新料の成立経緯、それははじめて知りました。こういった慣習の成立背景も興味津津です。

京都、私も物件ありますので、この裁判は身近に見てました。
同地域ですので、今後も情報交換させていただければ嬉しいです。

ちなみにメアド info@o-yasan.jp です。今メールフォームを消しちゃってるので。。。。

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

最近のコメント

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2009年9月 3日 23:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「おひさしぶりです」です。

次のブログ記事は「平成19年(ワ)第1793号 更新料返還等請求事件」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。