どこも不景気

| コメント(2) | トラックバック(0)
悲惨物件のフォローのため、ダンナが業者さんを回ってきてくれました。

「最近どうですか?」
と聞いてみますと。。。


青い某フランチャイズさん

「いやぁ、こないだ緑の某フランチャイズの店長さんが空室情報持って営業に来はりまして。。。うちも似たり寄ったりです。。」


ピンクの某フランチャイズさん

「うちの管理物件は築10年までが中心で、全物件敷礼0で、フリーレントのある物件まであるんですよ!  でもね。。。来店がないとそれもこれもどーしよーもないんですわ。。。」


うちの入居率も悲惨だが(法人契約が8割をしめていた)、うちの隣は9戸中2戸しか入ってない。
レオパのサイトみると、地割=投げ貸しもスゴイし。

ビジネス誌読むと、製造業の地産地消の話が出てたけど、先行きまだま暗いなぁ。。。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/1269

コメント(2)

こんにちは私の処も、開発部門の下請けなので、まだまだ出口が遠いようです。日経ダウが少し戻っているようですが、製造業がもちなおして、開発モデルが増えるには、まだ1年以上かかるように思います。 良い人が求人にも来るのですが、出口が見えない人余り状況では無理ですね。 賃貸経営ですと、空き部屋ゴロゴロ状態で、安い物件があるから買うくらいに無理があります。>地産地消私は、この考え方に懐疑的です。極論すれば花見酒の世界で、傍に「養老の滝」か、酒泉でもない限り、緩やかな消費でいつか元手が無くなりますよね。農産物なら、土地とお日様はありますが、肥料も農機具用の石油も輸入ですので、それだけの付加価値がない限り成り立たないように思います。江戸時代を調べても、幕府が三度の改革にも関わらず破綻したのは、日本全体で地産地消が成り立たなくなったからと思っています。 それを海外との貿易に求めたが、金銀のストック分しか輸入はできませんので、破綻しました。明治以降に植民地経営に辻褄を求めましたが同様に破綻。結局、今では地球規模の経済活動から抜けられないのではと思っております。とは言え、限定的な地域で、特殊な条件では地産地消は成り立つと思いますが、その条件を限られており、情報の共有が進んだ現代で、長期的に維持するのは難しいと思っています。

とても遅いレスになり、申し訳ありません。底打ち感はないわけではないのですが、上がる感じはかんじられないえす^^;地産地消に関して、ご指摘ほんとにごもっともと思います。「地球にやさしい」もそうですが、口当たり耳当たりのいい言葉でごまかされているような気がしてなりません。

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

最近のコメント

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2009年6月 9日 22:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「衣替えをすると」です。

次のブログ記事は「物件見学記 2008年URアルビス緑丘 ①」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。