物件見学記 2008年URアルビス緑丘 ③

| コメント(0) | トラックバック(0)

ではいよいよ部屋の中へ。

まずは洋室です。
大きな収納。この扉が木製ではなくスチール製なのがUR。
磁石が使えるので便利なのです。
ただ、長年使ってるとときどき扉がいがんじゃってね。。。。。。。

あと、バリアフリーとして床がフラットで、扉は引戸かつ吊戸になってることに注目!

P1000365.JPG


床にある点検口の下は、さや管式で配管が^^

P1000415.JPG

で、窓周りは銀色ダブルのカーテンレール。
新築なのに愛想がない。。。

P1000367.JPG

次に和室です。
築古の家主としての感心ポイントは、建具(この部屋の場合、押入れの引戸)の高さですね。
200cmオーバー。昔はうっかりすると、建具の額縁に頭がつかえたものですが、これが高いだけでぐっとモダンに見える。
なんだかくやしい。

P1000477.JPG

女性にとってのハイライト、キッチンです。
窓の間口の大きいキッチンは明るくて気持ちいい!
ワイドスパンってやっぱりいいな。

P1000376.JPG

しかしキッチン本体は。
IHコンロがおけるように200vがきてるのはいいんですが、なんだかな。わくわくしないんだな。
だってうちの方が入れ替え時にいいキッチン入れてるもの!

P1000380.JPG

P1000381.JPG

1棟の中に何通りもの間取りがあるので、部屋によっていろいろ違うけれど、
だいたいこんな感じの部屋が多いです。
次からはちょっと変わった部屋を紹介。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/791

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2009年6月18日 14:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「更新講習」です。

次のブログ記事は「物件見学記 2008年URアルビス緑丘 ④」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。