2009年6月アーカイブ

2009 06 29_3953.JPG

きれいに植えられた某物件の、ひまわりの花壇。
花泥棒に罪はない、というが取られるほうはたまらない。

「花を取らないでください」

と書きかけて、きっとトイレの貼り紙を思い出したのだ。

そう、

「いつもきれいに使っていただいてありがとうございます」

というアレ。

そこで書き直した。

「花を見てください」

なんとなく企図とは違う叫びに見えるが、これも家主の苦労の証。

退去立会はよくやりますが、今日は新入居者さんからのご要望で入居立会に行ってきました。
法人さまでこういったご要望はときどきありますが、個人の方からは初めてです。
なんでも前の物件でイロイロあったそうで^^;

一緒に元からあるキズとかの写真とってきました。
明日はそれを印刷して確認書類作成です。

さて、金曜ごろから声が枯れてたうちのひぃばぁさま。
土曜夜に熱を出し、座薬入れて熱は下がったのですが、あまりにも傾眠傾向が強いので心配になって病院に連れて行きました。
だって呼んでも叩いても反応ないし。つねるとつねり返されるけど^^;
たぶん誤嚥性肺炎だろうということで入院になりました。毎年初夏に何かあるわ。

それに関して困ったこと。
つらそうなりに落ち着いてるので、救急車呼ばないといけないほどじゃない。
でもばぁちゃん、車いす座れるのか???
いつもの介護タクシー業者さんにストレッチャーないんだな。。。。。

幸いなんとか座れたので、いつもの介護タクシーで行きました。
今後寝たきりになるようなら、ストレッチャーのある業者さん探しとかなきゃ。


本来は伊達サイトの方でする話かもしれないけれども、前のケッタクソ悪いエントリの憂さ晴らしと、建物がらみってことでスマッチ! の方で。

大阪市浪速区に願泉寺という寺院がある。
政宗の大阪陣の時の書院と茶室が戦前まで残っていた。
残念ながら空襲で焼失。

こないだ伊達かつ茶会ネタの小説を伊達サイトに書いたのだけれど、読んでくださった方から、

「政宗上洛時の宿所・妙覚寺に、書院と茶室を秀吉から拝領した記事があるけれど、江戸時代の妙覚寺には確認できないので、
妙覚寺→聚楽伊達屋敷→伏見伊達屋敷→大坂と移築された可能性も」

とご教示いただき、間取り図まで頂戴しました。
嬉しいので載せます。



三畳台目のお茶室ですが、貴人口の縁の先は、実は書院の上段の間、武者隠しの扉に続きます。
それがなんとも武家風な気がします。
ずいぶん久しぶりのブロック塀騒動シリーズです。
前の記事はこちら
「土地境界にクレーム」
「耐震改修とプライバシーと防犯と」

境界にクレームをつけた隣人。
工事業者の説明では納得せず、境界復元をした土地家屋調査士に説明を依頼した。

隣人の主張は、よくとれば誤解から来たものではある。
前の境界標識はブロック塀の上の方についていたのだが、昔のいいかげんなブロックなので、基礎部がちょっとへこんでいたのね。
それで、ブロック表面から下げ振りすると、基礎よりも隣人の土地よりになるわけだ。(とはいえ、ブロック塀の中心とい主張はそれでもなおおかしい)

前の記事から半年。その間、何回か土地家屋調査士が電話や手紙で接触を試みたがのらくらと逃げるばかり。

と、言うわけで筆界特定制度を利用することにしました。

ただ、この制度。
裁判よりも手間は少ないとはいえ、問題になってるとこ以外は確定してますよ、というのを出さんと受理してもらえない。
おかげでまたまた測量&立会である。あああああ、それだけでまた数十万かかるよ。。。。さらに筆界特定は担当官の指示で資料作成するから見積できないなんて言われるし。

くすん。
高置水槽の色といえば無難にクリーム色とか白とかが普通で、ステンレスタンクだと無塗装のこともあるわけですが。

今日電車にのっていたら黄色の高置水槽を見つけてびっくり。
写真を撮れなかったのが残念です。

いや、私も丸いのには目玉おやじを書きたいな、と思ったこともありますが。
「大家さんのひとりごと」に、UR賃貸の見学記をUPしました。

しかしURの広告は見るたびに腹が立つ。
あれだけ豊富に広告費つかえたらなぁ。

コメント・メール返信もう少々お待ちくださいm(_ _)m

今まではお部屋を見てきたわけですが、家主として気になったのが、モデルルームのそtこちにあるpop。

パンフレットと統一されたサインが使われてて、とてもわかりやすかった。
モデルルーム全戸につけるのが大変だったのか、一部の部屋だけだったのがなんだかですが。
(この見学記のなかで何回「なんだか」って使ったかなぁ)

たとえばこんな風に。

P1000425.JPG

P1000424.JPG

P1000433.JPG

これなんか、POPがないとわからないよね。

P1000422.JPG

そして方位の表示。これも親切。

P1000429.JPG

内見時禁煙はぜひマナーとして定着させてほしい。

P1000421.JPG

次は全戸中一番「高級」な部屋。
ルーフバルコニーがある4LDK、占有面積107㎡、家賃149,800円。

玄関からして一所懸命高級感を演出しようと。
トップライトに間接照明・スクリーン。

P1000498.JPG

反対側には下足箱。この上になんか飾ると、ダウンライトがスポットライトになるというわけ。

P1000488.JPG

そして廊下。実は占有室内の「廊下」というのは戸建か分譲のシンボルのようなもので。
これがあるとぐっと高級に見えるのね。
照明もダウンライトだけでなく、ブラケットがあるのが素敵。
でも、「配線かなんかの都合?」とかんぐってしまうのは公団だから(笑)。
実際、梁があるし。

P1000463.JPG

高級感ポイントで得点が高いのは水回り。
そこでこのお部屋のトイレにはちゃんと手洗器があるのです!
タンク上の手洗いじゃないですよ~。

P1000447.JPG

シャンプードレッサーも他の部屋は間口600mmのですが、このお部屋のはこの通り。
大きい・きれい・高級蛇口と3拍子揃う。

P1000449.JPG

でもね。シャンドレはまぁ、エェやつに替えても値段知れてるからね。
ホントに内装の高級感の一番のポイントであるのはキッチンで、これは他の部屋と同じなんだな。
エェ線いってるのに、ちょっともったいない。分譲なみ、とはいわないまでも、1ランクでいいからエェやつ入れたらいいのにね。

ここからはちょっと変わった部屋の紹介です。

まずはアイランドキッチン。
すごーい。賃貸で見たの初めてだ!
しかしそれが公団仕様ってのがなんだか腹だたしい。

P1000471.JPG

でもって、ウォークスルークロゼット。
これはちょっとうらやましい。

P1000482.JPG

ではいよいよ部屋の中へ。

まずは洋室です。
大きな収納。この扉が木製ではなくスチール製なのがUR。
磁石が使えるので便利なのです。
ただ、長年使ってるとときどき扉がいがんじゃってね。。。。。。。

あと、バリアフリーとして床がフラットで、扉は引戸かつ吊戸になってることに注目!

P1000365.JPG


床にある点検口の下は、さや管式で配管が^^

P1000415.JPG

で、窓周りは銀色ダブルのカーテンレール。
新築なのに愛想がない。。。

P1000367.JPG

次に和室です。
築古の家主としての感心ポイントは、建具(この部屋の場合、押入れの引戸)の高さですね。
200cmオーバー。昔はうっかりすると、建具の額縁に頭がつかえたものですが、これが高いだけでぐっとモダンに見える。
なんだかくやしい。

P1000477.JPG

女性にとってのハイライト、キッチンです。
窓の間口の大きいキッチンは明るくて気持ちいい!
ワイドスパンってやっぱりいいな。

P1000376.JPG

しかしキッチン本体は。
IHコンロがおけるように200vがきてるのはいいんですが、なんだかな。わくわくしないんだな。
だってうちの方が入れ替え時にいいキッチン入れてるもの!

P1000380.JPG

P1000381.JPG

1棟の中に何通りもの間取りがあるので、部屋によっていろいろ違うけれど、
だいたいこんな感じの部屋が多いです。
次からはちょっと変わった部屋を紹介。


1  2

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

最近のコメント

Photo

  • 2009 06 29_3953.JPG
  • P1000421.JPG
  • P1000429.JPG
  • P1000422.JPG
  • P1000433.JPG
  • P1000424.JPG
  • P1000425.JPG
  • P1000449.JPG
  • P1000447.JPG
  • P1000463.JPG

このアーカイブについて

このページには、2009年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年5月です。

次のアーカイブは2009年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。