2009年4月アーカイブ

お申込みをいただくと、連帯保証人さんに御挨拶と審査を兼ねて確認の電話をします。

ごくごくまれに

「保証人なんか絶対にならない!」

と電話の向こうで叫ばはる方もおられ、それで契約が流れるなんてこともありますが、多くの場合は、お互いに「よろしくお願いします」となります。


さて、昨日の電話。保証人さんは借主さんの親御さんでした。
「よろしくお願いします」の後で親御さんの曰く、

「ところで息子は今、何をしているんですか?」

「もう何年も正月にも帰ってこないし、今回も保証人になってくれという電話があっただけ。元気でやってるんだろうかと心配で」

だそうで^^;

申込書は「自営業」でしたので、

「創業して元気にやっておられますよ」

とお答えすると安心しはったようでした。

こんなやさしい親御さんなんやから、たまには顔を見せてあげて!
送金額648円。
保証会社から送金されてきた金額です。

滞納者から預ったお金を送金してきてくれたわけですが。
いろいろな方向に想像できる送金額だなぁ。。。
不況に突入して、ぼちぼちと滞納も増えている今日この頃。
借地人さんからーー正確には代理人弁護士から

「破産します」

というお手紙が届きました。

この借地人さん、長年の滞納がありますが、本人に支払い意思もあり、少しずつでも払いに来てはった。そしてそんな中でも盆暮れの挨拶は欠かさない。そんな人です。
正直、数年のうちに追いつく、なんて見込みはとても少なくなっていましたが、そこは100年近く続く借地契約です。
お互いいいときもあれば、悪いときもある。
長い目で行きましょう、という感じでやってきました。

そこへこの手紙。
ボス、かんかんです。

本人に腹を立ててるわけじゃありません。
弁護士に、ですね。
うち以外にも債務がーーありていに言えば、高利貸しからの借金があったから、破産に至ったわけですが、それを通知する文章が高利貸し向けバージョン。

「催促もせず利息もとらずここまで来たのに、なんの挨拶もなく、まるで自分が被害者みたいな書き方をして!」

と、いうのがお腹立ちの内容です。
ちなみに債権額の1/3がウチですから、ウチは大口債権者のはず。(ちなみに現金主義会計なので、損金算入に関しては無関係)

本人は挨拶したくても弁護士に止められてるでしょうし、
弁護士にしたら個人破産事件なんてさして実入りのいい仕事でないでしょうから、定式の文章送って、

という流れなのでしょうけど。。。。

債権者が金融関係でなくて、ホントに普通の個人のときは、やっぱりもうちょっと気を使ったものだとありがたいです。
個人は損得よりも気持ち優先のことも多いんで。。。。
「大家さんのひとりごと」に「手作りオートロック」をアップしました。
ゴミ置き場も新しいのを二つ。

この前の「手抜き工事?」ですがもっぺん聞いたところ、

「やっぱ塗ってない」

とのこと。
褪色やチョーキングの状態からはちょっとひっかからないでもないですが、塗ってないなら、まぁあのありさまでも当たり前です。
というわけで「手抜き工事」は撤回。

2009 01 14_2577.JPG

「有料 かってにおかないで」
「自動車 バイク 単車 禁止 罰金三万円」

よほど不法投棄と無断駐車が多いのでしょう。
スチール製の清掃倉庫が、告知スペースとして使いやすいのも当然の発想。

極太のマジックでためらいなく書くあたりが大胆です。

2008 05 30_1403.JPG

外がわの仕上げをジョリパットで仕上げたゴミ置き場。
なんとなく今後の汚れが心配。

オートロックがあると、不特定多数の人間が物件内に入れないので(一応ね)、部屋探しをする方にとっては安心感があるもので。
他の条件がほぼ同じで、オートロックであるかないかでは、当然前者が選ばれる。

と、いうわけでオートロックがない古い物件のオーナーとしてはできれば導入したいという願望を持つのもまた当然の話。
しかし、先立つモノがなくなかなかうまくいかないのだが、力技のDIY(?)でソレをやってしまった物件を発見。お世辞にもスマートとはいえないが、オーナーの独自の発想に拍手。
さて、入居者の使い心地は......??


道路から見た当該物件。リズミカルに並ぶ銀色の四角形。ガスか水道の検針口かと思ったのだが......。
2009 02 17_3075.JPG

近寄ると「オートロックの番号変わりました」という張り紙がある。しかし、オートロックといいつつ、そこにあるのはボタン式の錠。確かに閉めた時に自動で閉錠するのかもしれないが。呼び出しはどうするんだ!

2009 02 17_3068.JPG

呼び出しに困りはすまいか、と思ったが横を見るとそこにはインタホンの群れ!
と、いうことは、この銀色の開口部は検針口などではなくて......

2009 02 17_3069.JPG

普通の郵便受けの背面を道路側に向けてとりつけ、郵便物が入る程度の穴をあける。
入居者は内側から普通に郵便受けを開けて、郵便物を取り出すというしくみ。

2009 02 17_3070.JPG

おそらく元の物件にはこの共用玄関自体がなかったのだ。
オートロックにするためには共用玄関が必要。そこで業者施工にて玄関と屋根を設置。
しかし、インタホンや郵便受けにはDIYを思わせる施工のおおらかさがある。
不特定多数の人間の出入りをシャットアウトするための機能は十分もったシステムが構築された。難点といえば、入居者は来客の際に、いちいち共用玄関まで下りて開錠をせねばならぬこと。これも実際に来訪者を目視確認してから開錠できるという意味でムリヤリプラスにとらえられないこともない。
あと、消防上の取り扱いも気になるところではある。

近所の物件が塗り替えをするとかで。

近所とはいっても間近にみたことはあまりなかったのだけれども、ふと直前の様子を見に行ってみた。
築22年の建物で、前に一回塗り替えたと思うんだけどなぁ。
もう塗り替えとはエライ早くないか?

しかし行ってみると、確かにスゴイことになっている。

あれ? 塗ってなかったっけ、

と、壁を触ってもチョーキングがない。
やっぱ塗ってるよね?? 22年間そのままたら、チョーキングするもん。

しかし、コーキングがボロボロで、一部は脱落しているところもある。
当然躯体への雨染みもひどい。
クラックもひどく、鉄筋の鉄錆が流れ、爆裂も何箇所か。
鉄部ペンキの劣化と錆も目を覆う惨状。

なんでそういう施工になったのだか知らないが、外壁塗るときには普通行うコーキングの打ちかえやクラックの修理を、前回塗装時にやらなかったとしか思えない。
実際、チョーキングのまだ出てない前回塗装も、水で浮いたりはがれたりしてる部分が散見される。

ひとの物件ながら、いろいろ怖くなった。



「女房に鍵を渡さないでください」

という依頼が借主さんから。

この方、非常に几帳面な方で、階段にゴミがしばらく落ちていようものならすぐに通報、ありがたいようなコウルサイようなお方。
(ごめんなさい! でもこの物件がきれいなのはきっとあなたおかげ)

家に補助錠をつけた、ということで、律儀にも自分からその合鍵を持ってお越しになったときのセリフである。

どうやら、夫婦別れで奥さんが出てったらしい。
出勤中に勝手に家に入られたくないということだろう。


この方が借主だったので、
「はいわかりました」
ということで鍵をお預かりした。
これがサカサマだったら、契約をどうするかという問題も発生するところである。


それにしてもイロイロあることよ。。。
エントリ以前のメモ。まとまらないので言葉の羅列。

生物のシステムの合目的性は非常にメカニカルに見えて、非常に可塑性が高い。
可塑性の部分がバッファーであり、過剰な適応(=無駄のそぎ落とし)は一定の環境に対して非常に適合するが、環境変化に対する脆さを抱え込む。


草食動物の群れが襲われたとき、一部を見捨てて集団を維持するように、バッファーは環境変化時に自らを潰して全体を維持する。


ある系においてバッファーを維持することは、系を構成する個々がバッファーになることでもある。
維持のために潰れる部分が出るのは必然であるが、全体としては平衡が保たれる必要があり、潰れた部分は平衡によって補充されねばならない(再チャレンジ?)。

バッファーがなくなったときにおこるのは、急激な相転換である。

1  2

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

最近のコメント

Photo

  • 2009 01 14_2577.JPG
  • 2008 05 30_1403.JPG
  • 2009 02 17_3070.JPG
  • 2009 02 17_3069.JPG
  • 2009 02 17_3068.JPG
  • 2009 02 17_3075.JPG

このアーカイブについて

このページには、2009年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年3月です。

次のアーカイブは2009年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。