高齢者向け

| コメント(2) | トラックバック(0)
前のエントリで生活保護者向けの住居の話を書いたら、今日の朝日新聞のトップはそういったタイプの老人施設の火災ニュースでした。

恥ずかしながら、前のエントリでは高齢者は考えに入れてませんでした。
自分の視野の狭さに恥じ入るばかりです。

一般賃貸の場合、「生活の自立」は条件になってしまうわけですが、もう一度いろいろ考えてみたいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/1242

コメント(2)

賃貸住宅の役割や、居住者の要求も変わっていますよね。今朝:3/24のNHK 朝のニュースでは、新入社員や学生向けの、家電や家具のリサイクル店が紹介され、昨今は重要が伸びているとのことです。社宅を用意する側では、リサイクル店と賃貸が組めば良いだろうと思います。(経営者が同じでも構いません)物件設備として用意すると、家主の負担になりますが、入居時に"リイクル店を紹介し、退去時も引き取りが可能”とか、賃貸契約のオプションサービスとして希望すれば利用可能ならばよいと思います。間取りに合わない場合は無料で交換とか、備え付けは物件を傷めないようにやってくれるならば家主としても歓迎ですし、社宅などでは家具や家電(レンジ、洗濯機、冷蔵庫)も込みで、総予算が安ければ それで歓迎です。逆に言えば、家具や家電で浮いた部分が、礼金になっても構わないのです。こういうオプションは魅力的だと思うのですが、どうでしょうか。

御提案ありがとうございます。社宅や寮関係ではあるみたいですね。大学生協でもよく「家電交換会」やってました。家主が用意、と提携というのはあまり聞きませんが、POPを置いたりとかは可能と思いますので、できることを考えたいと思います。本当は仲介業者さんの店頭が一番いいかも?

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

最近のコメント

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2009年3月21日 08:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「居住」と「宿泊」」です。

次のブログ記事は「屋根をのぼる子ども」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。