賃貸物件の広告料

| コメント(0) | トラックバック(0)
長くなったので記事を分けました。
さて、2/3朝日新聞「我が家のミカタ」のお隣の賃貸契約の記事。
不動産コンサルタントの西岡さんのお話。
たぶんこの西岡さんやと思うんやけど、違ってたらごめんなさい!
私とは立場を異にしますが、このサイト読み応え抜群で勉強になること間違いなしです。
「不動産屋さん」なのにこういう作りのサイトも珍しい^^;


ところで業者さんの案内優先物件順位が、ずばっと書かれてましたね。

「広告料の高い物件>>>>>借主の希望条件」と。

われわれ家主が業者さんに「広告料」を払っているのは本当です。
記事中では「違法」と書かれてましたが、「仲介手数料」との区別も含めて「規定がない」というのが本当のところ。
契約成立時の成果報酬ですから、仲介手数料との区別がつかない、という意味では「灰色」です。
加えて言うなら、この広告料は地域によって支払う慣習のあるところと、ないところがあります。
しかし、報酬が多いほどやる気がでるのも人の常。
広告料慣習のある地域では、借主市場を反映して高騰傾向です。


かといって、借り主の希望に合わせる優先順位が低い、という記事内容は、少なくとも私の実感とは違います。
だって、供給過多の借り主市場だもの!
借主さんの条件に、大筋で合うものをまず業者さんはピックアップします。
借り主の方の希望に合う、というか正確には妥協範囲というべきでしょうが、物件は山ほどあるのです(所詮大量供給品だから、大同小異なことが多い)。

こちらの立場では、その中から確実に内見してもらうための広告料。
築古になると「見てもらう」までのハードルが高いので。。。
いや、もちろん見てもらうだけじゃなくて契約してもらったほうがいいんですけど。
(プッシュやクロージングに力が入るのは事実)
契約時成果でなくて、案内成果(レポートくれるなら)でお支払するのも、私はOK! ですよ。これなら業法的にも問題あるまい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/1228

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2009年2月 5日 11:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ゴーストタウン化する街」です。

次のブログ記事は「相続争い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。