ペット可切り替えがうまくいく物件、難しい物件

| コメント(0) | トラックバック(0)

ペットとともに暮らしたい、というご要望が増えてきました。実際、ともに暮らしてみると、動物も人生の伴侶。引越しにも連れてゆきたいものですし、新しく飼ってみたいという方も多いようです。

分譲マンションでは新築の多くは制限付きながらもペット飼育可のところが多いですが、賃貸ではまだ少ないのが現状。そういう状況ですから、空室を埋めたい、という下心から(笑)、既存賃貸物件でのペット可切り替えを試みました。

とはいえ、いままで飼育禁止できたマンションです。いきなりある日飼育OKにする物件もあるようですが、今まで住んでくださった方を無視するというのは、あんまりだと思い、切り替え前にアンケートを行いました。

飼育規約案を提示し、飼育解禁に「賛成」「反対」「どちらでもよい」の三択と、自由記入欄。および、飼育者と非飼育者の賃貸条件の違いをつけるべきかどうか、という内容です。

アンケートの結果、切り替えを行った物件も、見送った物件もあるわけですが......。

最終的な「賛成」「反対」の数にこそ違いがあったものの、既入居者の意見は、どちらの物件もほぼひとつに集約されてしまいました。

曰く、「飼育規約をきちんと守れるのならばよい」

「賛成」「反対」の分かれ目は、「この物件で、果たして飼育規約が守られるか否か」というあたりにあるようです。

「守られないだろう」と予想されると「反対」となり、「大体は大丈夫」と予想されると「賛成」あるいは「どちらでもない」になる。

「反対」多数で飼育解禁を見送ったマンションは、切り替えたマンションに対してこういう特徴がありました。

☆ゴミ置き場の分別・清掃状態に不満が多い。
(自治体の分別項目が多いため、分別不備が起こりやすかった)
☆目と鼻の先にペット可物件があったが、その物件の管理状態や飼育者マナーが悪い

こういうことから、ペット可になると物件の状態が悪くなる、と危惧する人が多かったのです。

「飼育規約を守れるならいいけど、きちんと守らせられるとは思えない」というご意見で「反対」という回答が多かったのです。

ここから、ペット解禁をスムーズに進めるための道も見えます。

すなわち、

☆物件の管理状態はいつも良好に! 互いに顔の見える物件が望ましい。
☆近隣のペット飼育状態や飼育マナーが、そのまま解禁後のイメージになる。
地域全体で良い飼育状況を!

......自分ちだけで完結できないのが辛いところです。

(2008年11月14日) 「大家さん読本」コラムに初出。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/763

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2008年12月11日 11:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「管理会社づきあいの失敗談」です。

次のブログ記事は「嬉しい人に会う」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。