防犯カメラの話

| コメント(0) | トラックバック(0)

防犯カメラ。いつかは設置を、と思っていたのですが、設置のきっかけになったのは、ご多分にもれずトラブルの発生です。

ある物件では、3ヵ月の間に4回発生した車上荒らし。

ある物件では、入居者間のトラブル。郵便受けにゴミを入れる、アダルトなシールを貼る。郵便受けのモノがなくなる。

入居者の方からの要望を受けて、設置を決意しましたが、カメラの設置位置の決定と、電源をどこからとるかの検討にけっこう手間がいりました。


カメラの選択について、電気屋さんに相談したとき、まず言われたのは、
「国内一流メーカーで、品質も十分なものをつけますか? 安価なのは中国製中心で、壊れたときは一切修理できないものになりますが」でした。

うちの物件は賃料の低い物件かつ自主管理ですので、迷うことなく後者――ネット通販のカメラとレコーダーを現地に設置しています。設置工事は施主支給で電気屋さんにお願いしています。壊れた時は交換ですが、こういったものの多くは電源直結でなく、コンセント式なので、配線工事さえしておいてもらえば、自分で交換できます。

電源との関係やと設置位置によっては、初めの設置もDIYでできますよ!

ネットワークカメラを使えば、現地にレコーダーを置く必要がなくなり、インターネット上で監視できます。

しかし、画像の保存にはどこかで記録用のサーバーを常時立ち上げておく必要がありますので、システムを自分で作るのはやや面倒です。

システムごと提供してくれる事業者もいくつかありますが、通信回線が必要なこともあり、ランニングコストは高いです。

インターネットマンションにするときに、提供事業者に相談すれば、割安で導入できる場合が多いので、インターネットマンション化するときには、ぜひ相談してみてくださいね。


ちょっと変わった設置方法としては、自販機のベンダーが、自販機と防犯カメラをセットで提供しているところがあります。

カメラの設置費用無料。自販機の電気代がオーナー負担のランニングコスト。自販機の売り上げはすべて事業者のもの。と、いう形式のもの。

それから、オーナー自身が自販機そのもの購入し、自販機による飲料小売を自営する方式のものもありました。

自販機購入、という大きな初期コストがありますが、飲料の売り上げで回収が図れるのが特徴です。

で、肝心の防犯カメラの効果ですが......。

車上荒らしは再発。警察に捜査資料としてカメラの画像を提出しました。
郵便受けのいたずらは、ピタリと止まりました。
余禄としては、ゴミ置場のマナーもよくなりました。

常にその物件に出入りする人が、一番カメラの目を気にするのかもしれません。

犯罪予防としては、一定の抑止効果――出来心を止める程度の効果はあるようですが、計画的にコトを運ぶプロ的な犯罪者に対する対策としては、期待しすぎない方がいいと思います。

死角なしにカメラを設置しても、停電させることは意外と簡単ですし――。堂々と映ったまま犯罪をしている場合もあるようです。

(2008年06月03日)「大家さん読本」コラムに初出。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/758

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2008年12月11日 11:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夜逃げ発覚!」です。

次のブログ記事は「ペット可物件の苦情」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。