光触媒塗料を試してみる

| コメント(0) | トラックバック(0)
ブロック塀シリーズをつらつらと断続的に投稿してますが、そもそも今回外構部改修のメインはブロック塀でなく、塗装工事なんです!

(費用はおんなじぐらいかかっちゃってるけどさ……モゴモゴ)

足場がとれてきれいに塗ったところが顔を出しました。

今回の塗装で一番気になっていたのが、エントランス部の雨だれ汚れ。



手すりと軒から垂れて汚いのなんの。
ちなみに塗り仕上げで
業者さんからの提案で、この階段まわりに光触媒塗料を試すことになりました。

チタン吹き付けて、雨水が壁を洗ってくれるアレです。水をはじきません。
どうしても(サイフの都合上)塗装間隔が伸びがちなので、本体部に試すのは怖かったのです。
塗膜劣化時に水が染み込みやすくなるんじゃないかと。あと、下地処理が結果的に悪いと水かしみやすい気もして。

でも、ここなら住居へ漏れることはないし、塗装や洗浄に足場がいらない、しかも従来よく汚れる場所なので、テストにはもってこい!



業者さんからは、現状モルタル塗りっぱなしの手すり基部に防塵塗装と施す提案も合わせてありましたが、条件を同じにしないと汚れ具合がどの程度違うかわかんないので、あえてモルタルのまんまにしてあります。

私としては手すり水切りの工夫も考えてほしかったのですが、お試しの誘惑に負けました。

サビサビだった軒のトタンはガルバリに張り替え、雨どいをつけて水を逃がすようになりました。
ガルバリはトタンより高いけど、面積小さいから予算内におさまりました。数万円の違いでしたので、軒の塗装メンテ代と比べれば価値があるはずです。
巻きつけ加工してもらった端の処理さえしっかりしてあれば!
(ガルバリもメッキ鋼板なので、端の処理が悪かったりキズがついちゃうとそこから錆びてくる)

これからの数年、どんな変化を見せるかが楽しみです。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/1212

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2008年12月16日 09:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「道路に悩まされたアパート建設(1)」です。

次のブログ記事は「お歳暮回りの一週間」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。