土地境界にクレーム

| コメント(2) | トラックバック(0)
ブロック塀改修シリーズでございます。

出ました近隣クレーム。
それも騒音やほこりじゃない。

壊したブロック塀のあとにフェンスを建てようと、フェンス基礎造ったら

「なんでこっちの土地にはみ出して基礎作るねん!」


いえ、ちゃんとうちの土地の中。施工業者によると1センチ内側へ入れたはずなんですけど。
隣人は5センチほどはみ出てるとおっしゃる。


境界部の塀をいじる以上、こういうクレームが出るのは予想していた。


この土地は前の持ち主が所有地を分筆して売るとき、当時としては珍しく、全敷地回りを境界確定し、それぞれの面積を全て確定した上で売ってる。
けれども、今回の工事にかかる前にチェックしたら、一部の境界標識がとんでしまっていたので、土地家屋調査士に頼んで、わざわざ境界を復元してから工事にとりかかったのだ。
しかもその土地家屋調査士はかつて分筆作業を行ったその人。標識復元にあたっては、その隣人とも調査士が立会確認をしている。
元のブロック塀の隣人側表面が境界である。

それが元のブロック基礎の石積みの真ん中が境界だと言い出した。

いわく、

「出目があるはずだ」

と。登記簿の面積は古い測量なので、当時(たぶん明治か大正の、登記簿が税務署の管轄だった時代)の税金対策のために縄のびがあり、実測面積は登記簿面積より大きくなるはずだ、というのである。

だ〜か〜ら〜。それは古い測量のままだともっともなんやけど。
こっちの実測は昭和50年代後半で、こっちの登記簿面積はその時の測量に基づいていて、三角測量だから今より精度は劣るとはいえ、アンタの言うような出目は考えられないってば!

「互いの土地を実測して按分すれば、境界はもっと武水側によるはずだ。実測してもいい」

じゃ、その費用出して、と言いたい。
互いに出目があると考えられ、かつ境界がわからんときの妥協点として、「実測→按分」というのはよくあるよ。
でもうちの面積の方が大きいんだけど、実測按分すると境界はどっちへ寄るんだろうねぇ。

もちろん争いを避けて、あらかじめ境界から下がって塀を建てる方法もあるのだが、こういうヤカラはそうすると今度は、

「塀が境界だ」

と言い出すんだ、きっと。

こんな片田舎の数センチ、それで大して土地の値打ちが変わるわけでもなし、
うちだってそもそもどっちのブロックかわからんと言ってたぐらいなので、
うちはどっちだっていいのだが、一旦した境界確認を臆面もなくひっくり返すヤカラに譲ってやろうという気は起こらない。
もちろん争ったらこっちが勝つ。それだけの根拠は持っている。


けれども境界争いというのは、書類を揃える必要にせまられた方が圧倒的に弱いのだ。
たとえ裁判の勝訴判決があっても、である。

法務局には各土地の境界を確定した「17条地図」というのを備えることになっているが、その整備は進んでいない。
その進め方については、ものすごく文句を言いたいことがあるのだけれど、長くなるのでそれはまた今度。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/1210

コメント(2)

いつもながら、理路整然と、準備はしたうえでの対応なのですね。 とは言え、いう人は文句を言うということで...困ったものですね。歴史の本をひも解くと、一番 発達し機能しているのは”土地争い”に関する法と裁判組織ですよね。日本では中国の制度を真似て律令を作ったのですが、結局は現実に根ざして作ったのではないので、必要な部分のみ変更しつつ残ってゆきました。(刑法と、日本独自の神祇など) 土地制度に関しては、律令の原理(公地公民)から独立した法令が次々と出て、律令の守り手:世襲官僚である皇族・貴族が、荘園を作るのですから何をかいわんやです。武士の発生、鎌倉幕府の成立も、基本的には、土地争いの有効な調停機関が欲しかったからで、易姓革命でも政権交代でもありませんし。鎌倉時代になると、武家側の調停機関の方が有効に機能していたのか、藤原定家の息子:為家の後妻:阿仏尼は、鎌倉まで行って土地争いを調停して貰います。その時の旅行記が、ご存じ十六夜日記です。

まったく困ったものです^^;土地制度。なるほど、土地制度がうまくいくかどうかは国の根幹なのですね。秀吉の太閤検地などもよくやったものだと思います。歴史で荘園制と太閤検地は習うのですが、それぞれの移り変わりや近代土地制度とへのつながりがよくわからないままきてます。

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

最近のコメント

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2008年12月12日 23:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「嬉しい人に会う」です。

次のブログ記事は「コラム移行」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。