物件探しのワクワク感

| コメント(2) | トラックバック(0)
こないだ、最近引っ越した方の話を聞いた。

新しい住まい探しで、一所懸命見て回ったけど(新婚だしな)、どれも同じような部屋に見える。
だから結局はお値段で決めた、と。

新居を決めていくときにワクワクする物件にめぐりあいたい、という気持ちわかる。
旅行は計画を立ててるときが楽しいというか。


どれも同じ没個性的な部屋だと、もうそこへワクワクのエネルギーを注入する気がなくなるだろう。
エネルギーを入れて貰う、というのは商売でやってる側としては儲けのタネなので、うまく使ってお互いにハッピーになりたいところ。
その雰囲気は住宅展示場や分譲マンションのモデルルームに行くとよくわかる。
一生に何回もない大イベントーー一種のお祭りだもんね。

そこで賃貸でも、ポイントカラーを使って華やぎを出すことが、いわゆるデザイン物件中心に流行っている。
うちとこでも真似をさせて貰ったりもしている。
やっぱり賃貸分譲問わず、物件探しってのは、ハレのものなんだろう。


そうやって流行に迎合しつつも、いつも一点の不安というか不信というか不審を抱くのは、物件探しはハレでも、入居後の日常生活はいうまでもなくケのものだってこと。


住宅の場合、バースデーケーキのように消費されるわけでもなく、店舗のようにハレを演出して消費を誘うものでもなく、日々のケの暮らしを快適に支えるのが主要な役割になる。
そうなると部屋はむしろ没個性的なのがよく、住み手がしつらえをすることによって、日々の暮らしのハレとケを作る方が合理的だ。
もちろん、床の間だとか玄関の一部だとか、常設的にハレの空間を持っている住宅もあるのだけれど、こと賃貸住宅では無駄扱いされることが多い。一見無駄であるところにハレの存在意義があるんだから仕方ない。

実際そういう空間をつくる場合が高級賃貸にはあるけれども、一般的なリーズナブルな賃貸物件の場合、ぱっとめワクワクなハレな部屋を提供しても、果たして住み心地ってどうなんだろう、と疑問に思う。
維持しようとすればくたびれそうだ。結果、日常の中にそのハレの演出は埋没する——だけなら、まぁいいんだけれども、邪魔になったら困る。


さりげなくハレに使えるものが理想なんだけれども、物件内覧時のインパクトは弱いかな、と思ったり。

そんな矛盾がぐるぐると頭の中を回ってます。

だって、分譲や建売みたいに、契約してもらったらそれで終わりじゃないもんな。

でも、こちゃこちゃ考えるよりも、住んで気に入ってもらったら、それでいいよね、と。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/1166

コメント(2)

はじめまして。このブログを見つけて、2004年(前々回の大家さんのつぶやき・大家さんのひとりごとブログ版)からせっせせっせと読んでおります。ただいま、2007年7月です。中々追いつきません(汗!)ちょっと難しいけど興味深くて面白いです。追いついたらまた、書き込み致します。

はじめまして!うわー、いっぱい読んでくださって、ありがとうございます!本家サイトの「大家さんのひとりごと」以上に気の向くままつぶやいていますので、恐縮です。これからもこつこつとやっていきますので、どうぞよろしくお願いします。カキコ楽しみにしてます^^

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

最近のコメント

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2008年7月25日 16:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「家主と生活保護とケアマネージャー」です。

次のブログ記事は「内容がまちまち」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。