下水道受益者申告

| コメント(0) | トラックバック(0)
うちのムラにはぼちぼち下水がひかれている。
そうしたところへやってくるのが、下水道の受益者申告。

「下水道できて、環境がよくなるから、対象者=受益者はお金を負担してねv」

「とりあえず対象地の地主のトコに送るから、だれが受益者か、受益者の署名捺印もらって、市に申告してねv」

という内容である。

これがけっこうめんどくさい……orz


この場合、下水道の受益者ってのは、下水道に放流する施設の所有者。
ひらたく言えば、そこに建ってる家の主。地主じゃない。
なのに、下水は地中に敷設するものなせいか、地主に申告義務があるのだ。


借地の場合、受益者は借地人さんなんで、借地人さんのハンコをもらいにいかないといけない。
ところがまぁ、だいたい地主が借地人にハンコ押せってのはロクな話がないもんやから(苦笑)、頼みに行くと思いっきり警戒心を露わにされるんですな。
中には露骨に
「いきなり来てハンコ押せとは何事か!」
と怒る人もいやはる。


アヤシイことじゃないってば!
市の事業なんだってば!


「じゃ、なんで市から直接通知せん(不信)」


あー、それ、私も思います。
固定資産税の担当の方で、どの土地の上の建物の税金が誰に賦課されて、誰が払ってるかわかると思うもの。
そうして、家の所有者以外が受益者の場合に別途申告させたほうが早いと思うんやけど。


どうやら、より正確には、土地に権利を持ってるもの同士、協議の上決めるものらしい。だからまず土地所有者のところに送ってくるのね。

が、家の所有者=受益者と解説する市もある。
実務上はこっちが多数派だと思う。


うちの市の説明には両方載ってました(爆)。











トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/1160

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2008年7月 3日 22:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「督促電話の向こうで」です。

次のブログ記事は「死者の家」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。