騒音問題が起こったら

| コメント(0) | トラックバック(0)

具体的な騒音の情報を

うるさい、と一言で言っても「何が」うるさいのかはなかなか相手にはわからない。 主観の大きい問題だけに、音を出している側に自覚のないことも珍しくない。 いつごろの、どんな音――洗濯機の音か、子どもの声か、ステレオの音か――など具体的な音が特定できれば対策を立てやすい。

まず管理へ相談を

当事者同士での話し合いは、ついつい感情的になり、こじれやすいもの。 まずは管理会社や大家さんに相談し、苦情を伝えてもらうといい。具体的な騒音の内容も言っておくとなおよい。 手紙や電話などで対応してくれるところは多い。

試しに気をつけてみる

「うるさい」と言われたら、とりあえず静かな暮らしを心がけ、その期間の状態を聞いてみよう。 自分でも気づかないうちに迷惑をかけていることはあるものだ。 できれば具体的に「何がうるさい」のかわかれば対応もとりやすいはず。 もし対応できない事情があれば理由を話し理解を求めるほかないが、その際は下手に出るのがコツ。 どうしても思い当たらない場合は、とりあえずは管理へ相談。


気にしすぎ? 客観的に見てみる


集合住宅ではある程度の音はつきものであり、お互い様でないと生活できない部分もある。
音に敏感な人もいるし、苦情処理していると、どう事情を聞いても幻聴か思い込みだろう、としか思えないケースもある。だが、気にしすぎかもしれないが、やっぱりうるさくて困るという場合が多いものだ。
そういう場合は、誰か別人にその騒音を聞いてもらい、証人になってもらうのが手っ取り早い。場合によっては管理や家主、加害者と思われる人物に聞いてもらうのも方法だろう。
具体的な音量については、騒音計で測ることができる。
録音も一つの方法ではある。
いずれにしても客観的にどの程度うるさいか分かってもらうことがポイントになる。逆に客観的にうるさいと判断されなければ、「被害者の気にしすぎ」と解される。互いの出す音はある程度受忍しあうものであるからだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/729

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2008年7月31日 22:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「試してみよう! 防音グッズ」です。

次のブログ記事は「マンスリーマンションリンク集」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。