騒音問題のための一般的な対策

| コメント(0) | トラックバック(0)

具体的な音の特定

うるさい、と一言で言っても「何が」うるさいのかはなかなか相手にはわからない。 主観の大きい問題だけに、音を出している側に自覚のないことも珍しくない。 いつごろの、どんな音――洗濯機の音か、子どもの声か、ステレオの音か――など具体的な音が特定できれば互いに対策を立てやすい。

生活時間の配慮

音が特定できれば、互いに音をたてる時間や程度を配慮することによって、ある程度問題が解決できる。 深夜の音楽鑑賞や洗濯、掃除は避けるほうがいいし、子どもにも指導していく。 納得できる範囲ならば互いに我慢も必要。

ご近所とのコミュニケーション

とはいっても仕事の都合などで、どうしても深夜に活動せねばならないこともあるし、それが日常生活なこともある。そういう場合はトラブルになる前に近隣や管理に挨拶しておこう。些細なことだが、これだけでかなり印象が変わる。


カーペットやラグ、カーテンの利用


近頃流行のフローリングは特に、床衝撃音を伝えやすい。カーペットやラグを使うと床衝撃音を低減することができる。ウレタン製のマットなども有効。
窓も音の出入り口としては大きなウェイトを占める。カーテンを厚くするだけでも音の出入りは変わってくる。

防音グッズの利用

洗濯機などには防振ゴムを使う。音の出にくいタイプのスリッパを使う。などなど。いろいろな防音グッズが出回っていますので、それを使うのも一つの手。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/727

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2008年7月31日 22:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「明治36年1月(1903年) 学生自活法」です。

次のブログ記事は「試してみよう! 防音グッズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。