追い出し裁判

| コメント(3) | トラックバック(0)
またも滞納者の追い出し裁判をやってます。


中小法人なのですが、どうやらお家騒動があったらしく、代表者が突然交替して滞納が始った。


弁護士に依頼し、当然勝訴したわけですが。
執行申立の打ち合わせしてたら、控訴したとの連絡が。


でも、払う気はないらしい。
嫌がらせかなぁ。。。。


中に住んでる従業員は、そんなことになってるとは露知らず、普通の生活してます。

顔を合わせれば挨拶もしますし。。。。
フクザツ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/1151

コメント(3)

不動産にかかわるものとして、これまでは経験ありませんが、裁判なんて大変ですね!それにしても、滞納しておいて控訴とは?[E:angry]

 本当に“とんでもない”のに貸しちゃってお気の毒です。 何の理由があっての滞納かはわかりませんが、そもそも滞納に言訳は利かないでしょうよ。『勝訴』したって費用対効果を考えれば両手ばなしで喜べるものでもないでしょうに、その上控訴だなんて何を言ってるんでしょうね。 結局弁護士費用や裁判費用を敗訴しても自分の分だけという悪しき“習慣”?があるから嫌がらせの控訴も可能なんですよね。 本当に民事裁判って言うのは“有り余るお金に埋まって暮らしていて市民の実情を知らない法曹界”という別世界の人間の暮らすところで行われている“行事”としか思えません。 先日大学の先輩で大きな法律事務所をやっている方にもこの話はしたのですが、費用は考えずに勝った負けたしか考えてないようです。弁護士も裁判は“飯の種”ですから。 結局、私なんかは、これからは“自力救済”で訴えられたら受けて立つって堅く肝に刻みましたが、相手が武水様のところの様な奴では危険ですね。 人によっては我慢できずに、居住者の従業員を巻き込んじゃうのでしょうね。要はその方が出て行ってくれればよいわけですから。

塾長さん、加瀬さん。弁護士によると、控訴のほうはおそらく棄却とのことで、一安心しました。前の社長のときは、きちんきちんと払ってはったんですけど、お家騒動後、商業登記事項が頻繁に変わってます。「さわらぬ神にたたりなし」な臭いがぷんぷんしてきたので、弁護士案件にしました。従業員はまともな人ですし、これで法人がもう少しまともであれば、従業員による契約承継も視野にいれるのですが、法人がむちゃくちゃなのでどうしようもありません。従業員にはお気の毒ですが……。これがまた、小さい子がいるんだな……。せめて法人が寮費を給料から天引してないことを祈ります。ともあれ、来週執行催告となりそうです。

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

最近のコメント

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2008年6月 3日 23:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「恩師の死」です。

次のブログ記事は「雨漏り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。