コメント返信(不動産情報検索サイト「いえーい」)

| コメント(2) | トラックバック(0)
k_narさん

引用元の記事に著作権があることに、異論はまったくありません。


けれども、著作権法上、「引用」は無断であっても違法行為ではありません。
ですから、「いぇーい」に掲載されたくないのであれば、「引用にあたらない」と主張する必要があります。
まだ、検索結果に表示されるアブストラクトが「引用でない」としても、明示的にせよ暗黙的にせよ、著作権者が認めていれば合法です。
黙ってみてれば「暗黙の了解」ととられる可能性はあるでしょう。

さてここで著作権者である、不動産会社、あるいは不動産ポータルがこの「引用」を歓迎するかどうかですが、反響数がアップするのであれば、(そしてそれがきちんと自社サイトあるいは不動産ポータルサイト経由でなされれば)、歓迎するところが多いのではないでしょうか。

「いぇーい」は検索サイトですから、反響は自社サイトあるいは不動産ポータルサイト経由になるので、あまり直接的な問題は起こさないと思います。
賃貸に限っていえば、借り手市場ですから、情報を囲いこむことよりも物件数が増えるメリットが大きいでしょうし、「いぇーい」のような検索サイトが消費者に受け入れられるのであれば、引用は大歓迎、むしろアフィリエイト的な成果報酬を支払ってもいい、という方向になりそうな気がします。

実際、不動産ポータルから、楽天やYAHOO!などと提携して情報を流してますが、楽天やYAHOO!はアフィリエイトで個別ページにリンクを貼れるんですよね。。。。。


検索結果に表示されるアブストラクトの著作権が問題になるのであれば、ロボット検索のサイトはYAHOO!もGoogleもみなNGになります。
訴えればNG判定になる可能性が皆無とはいいませんが、検索サイト上位に表示されることを争っている現状で、現実に「無断引用だ!掲載するな!」という主張をするのは想像しがたいのです。

検索とアブストラクトの関係は、ネット以前にも、書誌に存在します。
書誌に記載されるアブストラクトは、書誌編纂者が書いているものもあれば、著作者のものを引用しているものもあります。
私個人としては、検索サイト及び検索結果はインターネット上の文献の書誌という感覚です。





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/1137

コメント(2)

議論を興味深く拝見しました。そもそも不動産広告の情報は、著作物かどうかの議論が必要かと思います。事実の記載だけであれば、著作物とは認められないからです。不動産広告は誰が書いても同じものになるので、著作物ではありません。また、キャッチコピーなども、マンションの説明にあるような魅力あふれる文章でない限りは、創造性もなく、著作物とはいえない可能性も高いです。ただし、写真は著作物ですので、写真の撮影者が著作権を主張することができるかもしれません。間取り図も同様かと思います。検索エンジンと著作権については議論が深まることを期待します。

気がつくのが遅くなってすみません。いくつかの問題点があると思います。まず著作権ですが、不動産の場合は「創造性」という観点での著作権は成立しないと思っています。そうではなく、「データベースとしての著作権」を想定しています。改正著作権法では、データベースの著作権が認められました。次に「引用」ですが、引用は自らの著作物に他の著作物の一部を掲載することで、物件情報を主要なコンテンツとしている場合は、引用とは認められないと思います。次に、転載(引用ではなく)の効果ですが、他のサイトに転載されるので文句はない、という考え方ですが、判例として「競合」する場合は違法性があるとされています。同じ目的のコンテンツですから、「競合」は成立すると思います。ただ、発信元へリンクしているので競合ではなく「協力」だ、という議論はあるかと思います。いえーいは、ビジネスサイトではなく実験サイトですから大きな問題にはならないと思いますが、Lyfee http://www.lyfee.com/ が巨大化した場合は、問題になる可能性はあると思います。

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

最近のコメント

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2008年4月16日 00:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コメント返信(居室の蛍光灯)」です。

次のブログ記事は「大家さんの本人訴訟 強制執行編」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。