値引き交渉

| コメント(9) | トラックバック(0)
確かに長く空いてるよ。
交渉も門前払いしないよ。

でもね。

家賃1万円まけて、保証金も2/3ってのはダメですよ!
「一時金を払える」というのは、信用の裏づけ。


自分の収入からして、月々の家賃はココまで、というのは
相談にのらないこともない。
賃料の背伸びは後から、滞納の元だ。でも、一時金がちゃんと用意できる、というのはその中で貯金をするだけの計画的なやりくりができてる証。
入居申込書を見せていただいて、という部分はあるが、他の部屋への波及や相場を崩さない範囲なら受けないこともない。


賃料高く払うから、一時金無しで。
これは正直警戒対象だ。
ウチみたいな低価格帯の物件では、一時しのぎでこう言う人がいてる。
だが、単にそういう主義の人もいるので、こういう場合は保証会社付きでOKだ。


でも、賃料も一時金も両方ってのは信用できないよ!!
文化住宅で探してください。マンションよりも安いから。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/1118

コメント(9)

そうだ、そうだ!私も同感です。部屋を借りようとしているくせに、契約金が用意できない人は、要注意人物です。そうゆう方の相談には乗らないことにしています。又は、保証協会の利用で。一刻も早く入れたいけれど、選ばないと、空室の悩みより、入居されてからの滞納や、トラブル者の追い出しの方が大変ですもんね。これから時期だし、別な入居者希望者が出てきますよ♪

そーですよね! 共感していただけて嬉しいです^^裏の状況知ってて、平気で客付けする業者さんもいらっしゃいますから。。。。。。そりゃまぁ、客商売ですし、自分の管理物件には入れたくないし、でウチにふる気持ちもわからなくもないですけど(苦笑)このあたり、自主管理だとちょっと損^^;やっぱりこちらも業者さんとのお付き合いの程度で、この業者さんが言うならOKだけど、この業者さんならNGだ、とかはあります。心強い励ましのお言葉をありがとうございました!お忙しい時期ですけど、花子さんもがんばってくださいね〜。

 私は以前に一度交渉に応じて失敗しました。 結構立派な会社にお勤めで保証人も確かなので不動産屋さんから言われて交渉に応じ家賃を値引きしました。 しかし、その方は契約まで行かず、おしまい。 ところが、今度は値引きした家賃での客付けです!『前の人とは会社も保証人も違うだろ!』とは言えず、審査を厳しくして対処しました。 それ以来、一切家賃の値下げ交渉には応じていません。ここが、じっと我慢のしどころだと学習しました。 『人間 辛抱だ!』です。目先のやけ火箸をつかまないようにしなければ。

保証協会って、貸す方も借りる方も安心して利用できる便利なシステムですか?特に理由は無いんですが、イザという時、本当に役に立つのか信じ切れなくて、、、。

はじめまして、こんばんは。現在別けあって、広い戸建に住んでいますが、生活をダウンサイジングして、賃貸生活を考えています。逆に、大家さんが、値引きしてあげてもいいな。。。と思える店子さん、及び条件のようなものってありますか?例えば。。。自分は様々な理由があり、不動産を自分で所有はしたくないな、と思っています。・・が、資金的には割りと余裕があります。よい(気に入った)物件であれば、最低5年は住もうと考えています。5年分の家賃を前納するので、更新料をまけて♪とかはありなのでしょうか??

LEGOさん、はじめまして。入居審査でこちらが気にするのは、賃料を払えるだけの収入があること、そしてトラブルを起こさないかです。ですから、>5年分の家賃を前納のような、イレギュラーな支払い方法は、「ひょっとして変わった人?」という警戒感はあります。入居後ならばともかく、契約時にこういう支払い方法を打診する場合は、ご自分の価値観を十分理解してもらい、家主にうまく伝えてくれる、できれば家主の信頼も厚い仲介業者の担当者を捕まえるのがキーポイントだと思います。正直、担当者の伝え方で、こちらの印象は非常に変わってきますので。とはいえ、前納はこちらにとっても悪い話ではありませんので、聞いてみてもよいとは思います。5年間の居住を担保する意味で定期借家とセットにすると受けやすいかもです。値引き交渉ですが、「すごく気にいってるんですけど、予算はここまでなんです。どうしても住みたいんですが、なんとかなりませんか」は、ぐっときますね。だからと言って、賃料を一万円下げ、とかは難しいです。更新料なしとか、礼金のディスカウント、賃料なら多くても数千円まで。そして何よりも「特例」であることを仲介に入った業者さんともども理解していただけること。そういうケースでは比較的値引きに応じやすいです。交渉部分を空白で申込書を書き、送り状に交渉内容を書いてもらって家主にFAXする、というのも本気度を見せる方法でしょう。そして交渉成立時には、すぐに決済金を入れる姿勢を見せて、実際そうしてください。(現金即金だと逆に怪しいですが^^;)「よい入居者である」ことをアピールするのはプラスになると思います。あとは、賃料条件を交渉するなら、発生時期の交渉を同時にあるいは追加でするのはやめてほしいです。どっちか、ならいいのですが。あれもこれも言われると、買い叩かれている気分がしますので、つい、「そこまでして借りてもらわんでもいい!」と逆切れ気分になりやすいのです。以上、私の思うところですが、家主もいろいろいますので、交渉がなるかならないかは、最終的には縁のものといわざるをえません。

加瀬さん>今度は値引きした家賃での客付けです!『前の人とは会社も保証人も違うだろ!』とは言えず、審査を厳しくして対処しました。私、言ってます。。。。。。^^;勝手にそういうことする人って、いますよね。困ったものです。おっしゃるとおり、交渉事を一般の募集条件と混同されるのが一番困るんですよね。交渉は相手を見てするものなんですから。うちも、がまん、がまんの経営です。

詳しくお応えいただきありがとうごさいました。現在は外飼いの老犬が2匹いるので、彼らを看取って後の賃貸生活になると思いますが、大変参考になりました。どうもありがとうございました。これからもブログ、楽しみにしています!大家さんのお仕事も色々大変でしょうが、あまり無理をなさらないよう。。。

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

最近のコメント

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2008年2月17日 19:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「郵便ドロボウ??」です。

次のブログ記事は「リスペクト」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。