物件のお正月飾り

| コメント(3) | トラックバック(0)
加瀬さんのコメントに、ツリーを片づけた後のお正月飾りの話がありました。
うちの某物件では、お正月リースを掲示板とかに飾っておりますが、ツリーに比べるとインパンクトにかけます。


門松もいいのですが、うちの地域のは松に半紙と水引をかけただけのシンプルなものですし、エントランスのあるマンションでないと門の左右に一対という飾り方も難しい。

そこで思いついたのは「蓬莱山」。
うちの祖母が、鏡餅は用意しても食べきれない、と三宝の上に餅米で山を作り、その上に昆布で巻いた松をたてて、「蓬莱山」と呼んでました。
{右:UDExMzA3NDCxAQ.JPG
あれを庭につくったらええやん、と。
銀閣寺や上賀茂の砂山のイメージですね。
スペースによっては盆山にしてもいいかも。

うちの物件には似合う場所がないんですが、エントランスホールや中庭などではいいと思います。

白砂で山を作り、その上に和紙と水引をかけた松をさします。
でもこれだと、水に弱いし後始末大変そう。
そこでクラフト屋で円錐型とかの発泡スチロール買ってきて、表面に砂を貼り付け、和紙の代わりに竹を使う。
でもって、ベースに適当なおもりをつける。
これだとそれなりの大きさがとれますね。
シンプルに行くなら松のみで蓬莱山ですが、華やかにするなら造花や餅花を使ってアレンジメントのよーにしてもきっときれいだと思いま
す。
おお! これなら何年か使えそうだ。


コメント・メールのお返事もう少しお待ち下さいませ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/1107

コメント(3)

お正月飾りのお話、ありがとうございます。私の所では、蓬莱山かざりを海:米 1.5升=一生繁盛の意味山:炭を昆布にて包み 四隅に、小皿で栗、子鯛、梅など縁起物山の上に串に刺した干し柿 2+6+2:計10個で(ニコ ニコ 中むつまじくの意味:笑)という風に飾ります。きっと昔は、もう少し変わってたのですが、茶道の初釜の飾り方を入れて、こんな風にまとめています。結構、代々の都合で、変えることもあるのだとかもしれません。たぶん、子供の代にはやらないのかもと思いつつ..

>四隅に、小皿で栗、子鯛、梅など縁起物へぇ! それは初めて知りました。やはり、ところによりいろいろな飾り方があるものですね。>結構、代々の都合で、変えることもあるのだとかもしれません。私も実は変えまくっている張本人ですが、そういえば実家の父も「盆には夕方家族一同で勤行するのは、代々やってきた伝統だ!」とノタまってました。15年ぐらい前に父が始めたんですけど、そのことは忘れてるみたいです(笑)。

 お正月飾りのお話、門付けのお話、楽しく読ませていただきました。 蓬莱山ですか、来年作ってみます。 昔は田舎の山に分け入って松と竹と雑木を取ってきて我が家で50cm位の小さな門松を父と弟と3人で作ってました。自分の山で全部揃うのが父の自慢でしたが、今となっては“お荷物”です。やれば出来るのでしょうが、今じゃもう無理です。時間も、そんな体力もなくなってしまいました。 お正月のリースもはずしてさびしいので、まさか電飾のツリーを置くわけにもいきませんから、植木につけたささやかな電飾をそのまま灯しています。 エントランスは5年ほど前に買って来て飾った松竹梅の寄せ植えの梅だけ生き残って大きくなっているのでそれを飾ります。でもまだ蕾なんです!買ったとき以来お正月に咲いてはくれません。やはり、プロの技でしょうか?

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

最近のコメント

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2008年1月 8日 10:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「年末年始のいろいろ」です。

次のブログ記事は「七福神の門付け」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。