お願いする気の失せるひとこと

| コメント(2) | トラックバック(0)
師走、というだけあって、12月に入ったとたんせわしない日々を送っております。

恒例の暮れの業者さん回りをしてる真っ最中なのですが、最近の賃貸動向を聞いておりますと、某店の某さんのいわく、

「最近の賃貸のお客さんは、買うわけでもないのに、築年数うるさくいいますからねー」

あのーーーー。
確かに、賃貸売買両方やってるお店で、この某さんは売買の方を主に担当してはる方なんですが。
その「賃貸なんだからどうでもいい」的な発言されると、オーナーとしてもけっこう不愉快なんですけど。。。。。。


賃貸でも築年数大事ですよ?
築古の物件お願いして回ってる身でいうのもなんですけど。

ちなみに私が勧めるなら、お部屋探しをしてる方へのお勧めは新築じゃないですけどね。


当たり外れなく、無難、かつ設備も最新がいいなら、新築よりも築浅。
新築、だと工期がずれたり、できあがりがイメージと違ったり、ダメ工事があったりすることもあるし、コンクリ造だと湿気も多い



お買い得品を求めるなら、築15〜30年ぐらいで管理のしっかりしてるものですね。
これぐらい古くなって、かつ管理のしっかりしてる物件なら、室内も新築に劣らないものがありますし、賃料も安い。それに管理が行き届いていれば、住み心地もいいです。
ただ、使用できる電気容量に制限があったり、とか居住中に大修理がかかったり、とかはあります。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/1103

コメント(2)

こんにちは。確かに、その業者さんのおっしゃることは、ちょっと…。借り主としては、築年数は当然気になるところです。それが、業者さんにそんな風に思われていたらと思うと…。 しぎのさんのおっしゃる、築15年から30年くらいのものに「お買い得品」があるというのは、納得です。(新しい建物は、シックハウス症候群も怖いですしね。)現在の住まいは、それくらいの築年数の賃貸ですが、家の造りがしっかりしているので、快適に暮らしています。しかし、やはりというか、電気容量は少ないですけれど。 新しい給湯設備と、電気容量のアップ、この2つが解決されればなぁ。。。

あゆみんさん、遅いレスですみません。なんというか、売買系の方の中には、賃貸を下に見る人がたまにいるんですよね。賃貸だって、「住まいを提供する」仕事なんですけどねぇ。賃貸専業のところにはそういった方はいませんが、仲介業者さんにとっては薄利多売の仕事なので、数をこなさなければならず、丁寧な仕事がしづらい、というグチも聞きます。

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

最近のコメント

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2007年12月13日 22:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不動産屋は暗い方がいい?」です。

次のブログ記事は「師走」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。