2007年10月アーカイブ

こないだ5件退去の物件で、またも退去のご連絡……orz

賃料下げたい、とボスに言ってるのだが、OKがでない。
ボスもきっと、
「わかっちゃいるど」
というのが本音だろうが、いつも
「ちょっと待って」
である。状況が悪くなるほど踏ん切りがつかないらしい。
いつもはけっこうさくさく大胆にOKしてくれるんだけどなぁ……。

あぁ、もぅ!

今朝の新聞で、タイル落下の記事があった。
マンションからタイルが剥落し、女の子にあたったと。

タイル落下事故というのは、時々あるのだが、実はうちもこの間ニアミス状態だった。

この間、築10年の物件にエレベーターを設置した。
新築時にエレベーター棟の用意はしたのだけれど、設置を見送っていた物件。
年数の経過とともに落ちてきた競争力を補うために設置となったのだ。

んで、ダンナが
「ここにつくのかぁ」
とEV棟を眺めていて、タイルの上に妙な筋を発見。
デジカメで撮影して拡大してみると、タイルが浮いている!

高所作業車に出動してもらって、急きょ修理とあいなった。
高所作業車が入れる場所だったからいいようなものの、もし入れなければ足場を組んでの作業となる。
足場を組むとなると、費用が跳ね上がるので、遣り繰りも必要になってくる。


この物件をたてるとき、ボスは
「タイルは落ちるから」
と嫌がっていた。吹きつけとタイルではまったく外観のグレードが違うので、結局タイルになったのだが。

タワーマンションのタイルなんかは、大変だろうなぁ。
昨今3DKや3LDKの賃貸は苦戦しているので、2年ほど前から2LDKへの改装をぽちぽちとやっている。
うちの物件の多くは壁式のPC造なので、間取り変更はすごくしにくいんだけど、いけるやつはやってみようと。


2年間ほとんど無反応だったのに、この秋になって、少し決まりだした。
ウォークインクローゼットを設けた、3LDK→2LDKへの改装は、なんと工事中に申込をもらった。


うれしいのはすごくうれしいのだが、2年間の無反応はなんだったんだ、と。
(つまり2年間空いていた)
前に全滅物件が出たときも、そうだったのだが、決まる時って、なぜか決まる。それまで何をしてもだめだったのに。
この勢いがシーズン中ずっと続くといいな、と思う今日この頃。


5件まとめて退去の物件は少し地域が離れるせいか、やっぱ動かない。
でも、埋まりそうなところだけでもがんばらなきゃ!

Google

| コメント(0) | トラックバック(1)
Googleを検索エンジンとのみ認識していたのですが……。

かげわりさんのエントリを見て認識を改めました。


そうか。Googleってメディアなのね。
言われてみれば、そりゃそうだよなぁ……orz
なんで今まで思い当らなかったんだろ。


これからはそのつもりで検索結果を見ることにしよう。
「さくら」にゆかりのある名前の物件があるので、この際だから花見のできる物件をめざそうと。

でも、普通の桜だと、毛虫退治その他のお世話が大変よね。

ってことで、芝桜を植えることにしました。
うまく根付けば、水やりもあんまりいらんはず。
花期が短いのが残念ですが、今回は「さくら」にこだわって。

念願の耕運機も買ったので、草を刈って、さっそくぶんまわしました。
やっぱ早いわ!(^^)!

200株ほど買ったので、がんばって植えまーす。

できれば、大きくならないタイプの普通の桜も植えたいなぁ。

うちには、ペット可の物件(マンション)が一つあります。
そこに、昨日お問い合わせを受けました。

「ニワトリはOKですかね?」

……ニワトリ!

「あの、鳴くんちゃいます?」

雌ならコッコ、コッコ、と呟くだけですが、雄は時を告げます。

「そーですね。一日12回ほど鳴きますが、あとは静かだそうですよ」

…………。

申し訳ありませんが、お断りしました。
単純計算で2時間に一回、

「コケコッコー!」

ではちょっと。

いろんなペットがいるもんです。
なんだかなかなか記事に反映されず。
今日も何回かの試行の後、やっと本家サイトの更新ができました。


そして、私のモバイルはW-ZERO3の ad ES になりました。
昨日の雨の中、バイクで外出してたんですが、手厚く保護してたはずの愛機に雨が浸入。ご昇天あそばされました。
携帯ないと仕事も不自由なので、今日は街中まで出て、アドエスを購入。
こういう機種変更は悲しいな……。

そもそも、滞納気味の人ではあったのです。
2-3カ月遅れては、ぼちぼちと追いつき、を繰り返していました。

そして、ついに解約届がO家さんの元に届きました。

「うん。どうもやっぱり払っていけそうにないからね。これ以上迷惑かける前に、と思ってさ」

悲しげな笑顔を浮かべて、退去立会に出てきた佐藤さんはそう言いました

「連絡先はここね。滞納分と修理代、敷金では足らんやろ」

壁には大きな穴がありました。共益費や水道代を入れても月3万円の賃料を滞納する生活です。
やりばのない腹だたしさを壁にぶつけたこともあったでしょう。
今は穏やかに退去の応対をしておられるだけに、O家さんは胸のつまる思いを飲みこみ、

「はい。修理代は敷金から清算して、足りない分の請求を出させていただきます。見積が出たら、まず見積書を送りますんで」

と、言いました。
そこでふと、示された連絡先をみると、姓が違います。

「……失礼ですが、どういったご関係で」

O家さんは見積もり確認の電話をするつもりです。関係を聞いておかないと、そのとき失礼があってはなりません。

「別れた女房の家」

さびしそうに佐藤さんは言いました。
それで一人暮らしをしていたのです。

「恥をしのんで居候。今、住み込みの仕事探してるんだけどね」

「わかりました。では、書類はそちらへご郵送、ということで」

大変な中を出てきていただいてありがとうございました、とO家さんが言いますと、佐藤さんは、

「いや、ひまなんだよ。困ったことに」

そのはかなげな言い方が気にはなったのですが、O家さんになにができるわけでもありません。
足が出た分は棒引きに、という気持ちがないわけでもありませんが、今ここでそう言うのは、他の入居者の手前、憚られます。
互いに丁重な挨拶をして、別れました。


約3ヶ月後。

見積書を出した時には、佐藤さんの方から、すぐに電話がかかってきました。
あの見積りでいいので、請求書を送って下さい、とのことでした。
その後、音信がなくなり、気になって、電話をしてみますと……


「もう亡くなりましたので」

元奥さんの冷やかな声が、電話口でしました。

「私も迷惑してるんですよ。本人とはとぅに別れて寄り付きやしないのに、いろんな書類が届いて。しまいにこないだは警察から電話がありましてね」


道路端で凍死しているのが、もとのご主人のようなので、身元確認にきてほしい、という電話だったそうです。

佐藤さんは、やはり元奥さんの家に居候、というのは憚ったのか、ホームレス生活をしていたようです。

「野垂れ死にされたんですよ。最後まで手のかかるったら。だから、今更請求されてもねぇ」

その言い方にむっとして、請求をしてやろうかと思ったO家さんですが、この奥さんは保証人さんですらありません。

「そうですね。一応形としては相続人の方にお渡しください、ということになるのですが………。形だけそういうことにしておいて下さい」


O家さんはそっと心の中で手を合せました。

道を歩いていて見つけた駐車場ですが、名前がすてきです。




「共有地駐車場」

名前だけですごく複雑そうな権利関係を感じます。
とりあえず、親族間の共有なのか、それとも村の共有なのか。

どきどき。


なお、本家サイトの更新ですが、今日もダメでした。
今日は夜しかあいてなかったからな…。
昼間にやって--金曜か土曜になりそうですが--ダメならレンタルサーバー業者に問い合わせてみます。。。。。
1  2

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2007年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年9月です。

次のアーカイブは2007年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。