ローン借換注意点

| コメント(2) | トラックバック(0)
以前、亡義父が、住宅金融公庫で借りたローンを民間行に借り換えた。10年前の話だ。
低金利の時代になって、住公とはいえ高い固定金利になったから、民間の10年固定金利のローンに切り換えたわけ。

この10年の間に、もっと金利が下がったので、さらにボスは借換を検討したが、銀行から損害金を請求されてとりやめた。

そして今年。固定金利期間が終わる。
さて固定か、変動か、借換か、またボスは頭を悩ませている。


私自身はまだ計算していないが、よく言われる借換の注意点は、手続きにかかる諸費用。
一番でかいのは、抵当権の付け替えやけど、事務手数料のなんのとけっこうかかる。

あと、ローンは通常元利均等返済やから、借入当初は利息ばかり支払って元金はなかなか減らない。と、いうことは借換すると元金の減りが遅くなる。
みかけの支出が減っても、結局利息ばっかようけ払ろてるわ! 元金減らへんし! みたいな。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/1077

コメント(2)

銀行も優良な借主は手放したくないので、資産あり、利率も高いなら、損害金を持ち出しても何とかしたいのでしょうね。企業がお金を借りる時によく言われるのは、”借りたい時には貸してくれなくて、不要な時には無理やり貸そうとする”しぎのさんの所では、借りた後でも借り替えさせてくれないという話が入っているのですね。しかし、損害金とは...超低金利で市中から借りて、10年前の利息で貸してなおかつ不動産を担保に出来るなら、いくら企業間の話とは言え厳しいですね。外資系の銀行ならば企業間でも借り換えは積極的に応じてくれたように思います。(現時点では無借金経営なので、相手からの提案のみの 話ですが) 

「金利下げて」という交渉から入ったのですが、交渉に応じてくれたところも、もちろんありました。手続き的には、そのまま利率下げてくれたところと、同行内での借換の形を取ったところと。前者が一番ありがたかったです。損害金は残期間の利息全額を請求されました。こんなん払うと借換メリットは全部ふっとぶどころか大損ですのであきらめた次第です。もちろん、固定金利特約の約定としては、相手の言うことがもっともですので……。「もぅあそこからは借りるもんか!」とボスは憤慨してました(苦笑)。けっこう、銀行も姿勢がかわりますよね。

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

最近のコメント

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2007年9月27日 12:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「家賃設定の悩みのオオモト」です。

次のブログ記事は「一気に5室……」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。