エアコンを使えないときの快適テクニック

| コメント(0) | トラックバック(0)

扇風機で頑張るが、やはり暑い、というのがほとんどの人の意見であろう。
部屋の中に空気の流れができるように窓や扉を開ける。入り口だけでなく、出口も開けるのがポイント。
とはいえ、防犯上、そうそう窓を開けてもいられない。
寝るときであれば氷枕を使うと涼しく寝られる。熱がなくても気持ちいい。赤ちゃん向けにはかわいいデザインのもあるので楽しんで使おう。
扇風機は空気をかき回して風を送るだけだが、部分的に冷たい風が欲しい場合は「冷風扇」というものもある。
除湿兼用の冷風扇もある。これは持ち運びのできるエアコンと思ってもらえばいい。室外機の置けない部屋、というのはけっこうよくあるので、重宝すると思う。「コンビニクーラー」といわれているものもも同じような機能。中には衣類乾燥機能つきのものもある。
また、次項「目で涼しく」も参照されたい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/660

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2007年4月 5日 23:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「冷房の効率アップ」です。

次のブログ記事は「目で涼しく」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。