陽射しを入れない=熱気を入れない

| コメント(0) | トラックバック(1)

直接部屋の中に陽射しを入れないことで、日中の気温アップはかなり防げる。
具体的な方法としては、よしずやすだれを窓に設置すること。窓の外側で日射をさえぎることがポイントにな
すだれの方は材質も葦に限らず、蒲、竹、アルミ蒸着などさまざまな種類がある。効力を追い求める方には、アルミ蒸着のものが一番効率がいい。風情はまた別なのが、ツライところである。
美観を気にする方は、洋風のたてす、突っ張り式のオーニング、タープの利用もオススメである。
つる性の植物を栽培し、日よけとする方法もある。アサガオ、ヘチマ、ゴーヤー、キュウリなど日よけのほかにも食べる・花をめでる楽しみがあるのがいい。また、植物には水分が豊富に含まれるため、よしずやすだれよりも遮熱効果は高い。注意点としては、水遣りの手間と、ベランダで行う場合は出入りスペースの確保があげられる。
次項にも記載するが、遮熱フィルムも非常に有効。
風通しのいい物件では、留守中も換気用の小窓をあけるか、窓を細くあけて部屋の中の熱気を逃がすのもよい方法である。最近は窓を開けたまま施錠できるタイプの鍵も出回っている。
朝夕の打ち水も効果がある。ベランダでするときには下の階に迷惑がかからないよう、気をつける必要があるが、この際、よしずやすだれにも水をかけるとさらに効果があがる。
る。
窓の内側でカーテンで日射をさえぎる方法もあるが、これだと熱気が部屋の中に入ってしまい、またカーテン自身からの輻射熱も発生するので効果はやや劣る。遮熱カーテンやミラー効果のあるレースカーテンもあるので窓はすっきりさせたいという人にはおすすめ。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/658

冬は窓にすきまテープを設置しました心なしか、寒くなかったそして季節は夏になろうとしている今度は、暑さ対策をせねば節電もしなきゃいけなし、「すだれ」 「サン... 続きを読む

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2007年4月 5日 23:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大家さん向けリンク 総合情報」です。

次のブログ記事は「冷房の効率アップ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。