短期入居のお客さん

| コメント(0) | トラックバック(0)
たまぁに、「建替えのあいだ、3−4カ月間借りたい」というお客さんがいらっしゃいます。

うちら家主にとっては、あんまり歓迎しないパターンです。

短期間の入居でも、今のことですから、畳の表替とハウスクリーニングはせんならんし(それだけで1カ月分以上の収入がとぶ。うちらのあたりの相場はその程度)。
クッションフロアはへこむし。
短期間しかいないから、と、いろいろ値切られるし。

さらに仲介業者さんに広告料なしで、ってわけにもいきませんし。

とやこういっても、そういう需要は少ないながらも絶対あるわけで、うちでは嫌がらずに受けてます。
家賃は通常どおり、解約引(礼金)は入居期間と部屋の仕様、予想される改装費用から逆算して、通常よりも低く設定。
業者さんには広告料を負けてもらってます。
だって、3カ月の入居で1カ月の広告料払うと、なにやってんだかわかんない!(うちのあたりは広告料1カ月が慣習)
業者さんも心得ていてくれはって、「広告料はいくらいただけますか?」と聞いてくれはります。
短期のお客さんは受けるところが少ないだけに、手間も通常以上だろうに、ありがたいことです。
建築業者系の仲介業者さんなら、まぁ建築顧客に対するケアでしょうから、そんなに思いませんが、仲介だけなのに少ない報酬で探してくれるんですから、頭が下がります。

ところがこないだ、うっかりーー私も業者さんもーー広告料の件を打合せを忘れたまま、借主さんとの契約を進めてしまい、双方で大あわてしました。
「広告料1カ月分でなんとかなりませんか。規定なもんですから……」
「いや、それはちょっとこっちも辛いんで……」
しかし今さら借主さんに
「仲介料で業者と家主が折り合えなかったので、この話はなかったことに……」
なんて言えないので、結局双方で折れあって落ち着きました。

最後に業者さんの担当者曰く、
「あらかじめ言ってくれはったら、礼金にオンしてご案内しますので……」


ーー礼金オンかい (汗)
わりと大きい業者さんなので、規定(広告料1カ月)の融通がきかないそうですよ。……なんだかなぁ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/991

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2007年3月11日 17:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リフォーム見学会2 スケルトン」です。

次のブログ記事は「ゴミ置き場の物語」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。