火災保険、見積とってます?

| コメント(0) | トラックバック(0)
この前の記事のコメント欄にも記入しましたが、ウチの事務所の火災保険、料率計算のミスを計算しなおした結果、
保険料は変わらないが、補償額が下がる
そーです。

個人賠償、借家人賠償、修理とかの補償額は同じなんですけど、主契約の家財の補償額が下がりました。
まぁ、置いてあるモノを考えると十分な額なのですが。

ところで、不動産屋さんでお部屋探しをすると、契約時によく火災保険に入らされますよね?
これは純粋に不動産屋さんの副業(損害保険代理店)である場合と、われわれ家主が契約の条件として加入を義務付けている場合とがあるわけなんですが。
どちらにしても保険金額ーー事故時の補償額はお仕着せです。

ウチも現地事務所をつくるときに、そのお仕着せの保険を契約したわけです。
でも、今回ので思いました。
お仕着せのを使わずに、保険金額自分で設定する方がいいですね。全然家財を置かない人もあれば、高級品だらけの人もいるんですから。
お仕着せの場合は、
「まぁこんなもんだろう」
という額に設定されてます。多くの人で保険金が足りない! なんてことのないように。
安全っちゃ安全なのですが、自分の持ってる家財によっちゃ、保険会社を無駄に儲けさせてるだけ、なんてこともあるかもです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/971

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2007年2月 6日 22:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「火災保険の割引適用漏れ」です。

次のブログ記事は「礼金オン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。