ベジタリアン専用賃貸

| コメント(7) | トラックバック(0)
日本じゃなくて、インドの話。
ムンバイだったかな? 
今日(2007/1/23)の朝日新聞に載ってた。

菜食主義者の多い地域で、菜食主義者専用の賃貸住宅があるそうな。

>「上位カーストの差別意識が入居者選別の背景にあるとも言える」

バラモンカーストに伝統的に菜食主義が多いとのこと。下位カーストにはノンベジが多いそうで、それとなくカースト差別するのに使われてる、ということらしい。
これがさかさまに、下位カーストに菜食主義者が多かった場合、「菜食主義者専用」が付加価値を持つかは、現実的には確かに微妙だろう。富裕層を狙う価値とはなりえないだろうから。

>「大家たちは、(ヒンドゥー教で神聖とされる)牛を食べる人たち、特にイスラム教徒を入れたくないのだと感じる」

これも微妙な問題……。過激でなければ入居者がどんな宗教でもOK、というのは日本だからできるのかも。
異教徒を区分するのは差別か文化か?


この間の外国人の入居に関する記事を書いたときも思いましたが、属性で入居審査するのは当たり前のことでもあり、差別の面からみれば微妙なことでもあり。
じゃ、審査基準を開示しなければOKなのか? それも違う気がするし。

女性専用。学生専用。学生不可。高齢者不可。外国人不可。外国人専用。派遣不可。水商売不可。同棲不可。喫煙者不可。


差別として扱われてるのも、付加価値的に扱われてるのも、いっしょくたに並べてみたけど、こうして並べてみると、けっこう微妙な問題なのがよくわかる。
支払い能力や、集合住宅での共同生活への調和、という観点から、ある程度属性が判断材料になるのはやむをえない。
ネットの掲示板などを歩いていると、問題のある借主を入れるのは、入居審査時の貸主のリスク管理の責任だ、という論調にときどき出会う。
いや。確かにそうなんだけど。リスクを避けようとすれば、いわゆる難しい属性の人は全部門前払い、というのが安直な方法になってしまう。確率的にトラブルの多い属性、というのは確かにあるので。
属性で点数つける、ってのも方法(住宅ローン審査などでよく使われている)だが、これも点数のつけ方基準をみれば「差別だ」という人は確実にあるだろなぁ。


結局、一人一人個別事情を判断して、というのが理想なんだろうけど……。


商売として成り立つかどうかは置いといて、
「入居審査とは、貸主が借主の申込を受けるかどうか決めること」
であって、それ以上でも以下でもない。審査って言葉を使うから、基準があるように感じてしまうので、実は「虫が好かない」で断ってもいいし、「方が悪い」で断ったって理不尽じゃない。「アンタはエェ人や」でOKしてもいい。
そんな安直な原点が結局一番いいのかも。


と、新聞記事からぐるぐると思考の迷路におちいってました。



関係ないけど、女性専用車両があるなら、男性専用車両も欲しいぞ!
痴漢に間違われるリスクのない車両があったってえぇやんか、
と、「それでも僕はやってない」の広告を見ながら思った。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/967

コメント(7)

会社で法人物件の審査で感じたことです。”日本語のコミュニュケーション能力が無い人お断り”は合理的で、これは外国人にも説明が容易で受け入れられます。 問題があるのは、外国籍であることを問題にした場合。(この問題は理解が容易だと思います。)そして、コミュニュケーション能力を判断基準と言いながら、日本人ならノーチェックが意外に多い。 建前でも良いのです、国籍によらず入居希望者と必ず面談して、その中で日本語能力が確認されて、それを問題にするなら差別ではありません。 但し、日本人ならスルー、外国人となら日本語能力の確認をするなら、その統一性の無さに差別という感情が起きるのだと思います。結構、都市部の仲介さんや大家さんでも、”日本人はスルー”ということを無意識にやる人が多いので、それが差別だといわれるのですね。 こういうケ−スでは、社員にも理由が説明できませんので私も修正を求めます。 ”日本人ならスルー”が問題と言っても、”日本人なら当たり前”という問題発言をしてしまう人が多いのですね。一言、”他の人は面談で確認したので問題なしとしています”と言ってくれれば、こちらも引き下がれるのに...(苦笑)

>男女専用について、インドでの話しですヒンズー教では宗教的タブーが多いのですが、仰せの通り厳格に守れるのは富裕階級ですね。あちらで、富豪の家に行った時に感じました。その家では、トイレが異常に大きい(多分8坪くらい)便器も男女共用をしないので、男女が分れ、かつ使用後の穢れを落とす為にシャワーが付属。(これも男女別々)風呂場は別にあるので、トイレ用シャワーで、汚れを落とすのではなく、禊の意味づけのようです。そして、珍しいのは 男性のみならず、女性用も大小が分かれている話によれば、排泄行為は穢れるので、厳格にはその後 水でお清めが必要。(その為に富裕階級のトイレにはシャワーがある)穢れ具合も大小で異なるので、可能なら便器も分かれる。大小を兼用すると、小でも大の穢れになるらしい。朝は洋の東西を問わず忙しいので、小ならばそのお清めで済ませたいので、大小が分かれている。女性も忙しいのは同じようで、金持ちは女性用も大小を分ける。訪問した家では、西洋便器が4つ(男女、大小)ありましたが、聞いた話では女性専用の小便器があるらしいです。 興味はあったのですが、しつこく聞くと変なマニアと誤解するので我慢しましたけれど:笑この手の、カースト上位向けの住宅の設計ってきっと大変なのでしょうね。

>入居審査あはは……(苦笑)。ホンネとタテマエですね。言い回し一つで違うのに……。法人の社宅担当が探す場合は、本人と業者や大家が会うのはかなり後ですか?うちのあたりでは、本人が探すケースがほとんどですので、業者さんと本人がやりとりし、その中で日本語の習熟程度もわかります。そこで「あなたの日本語下手だから」(ちょっと極端な書き方ですが)と言うか、「この物件は外国人はお断りだから」とどちらを本人に直接言いやすいか、というのもあるような気がします……。ちなみに私は後者の方が言いやすいです……。←困ったもんだ。>インドの富豪スゴイ! 設計も大変でしょうし、商売としても面白そうですね。トイレ一つでそれとは……。日本では男性用小便器もちょっとした贅沢ですよね。根掘り葉掘り聞きたくなりますが、私も自粛しておきます。

>あなたの日本語下手だからこれは全く問題の無い回答です。事実なら認めてくれるので、変に気を回すより直裁な言い方の方が誤解が無く良いのだと思います。本音と建前は、日本人の独占ではなく、英語で言うPolitically Correctも同じ意味ですし、欧州の階級社会は本音と建前だらけで、実態は物凄い差別が存在します。それを、和らげるのが社交であり住み分けするのが階級なのですね。 階級内での差別はないが、階級間はあってあたりまえです。日本の場合は、階級が無い(ことをになっている?)ので(階級内)差別が問題になってしまいます。トイレについては、海外で色々な体験があるので、またネタがあったらお話します。

なるほど! 今度そういう機会があれば、勇気を出してそう言ってみます^^トイレも話もひそかに楽しみにしてますね。

勝手にコメントをするなんて申し訳ございません。偶然にそのページに見ましたわ。日本には家探すことが大変難しいですね・・関東地方に家を探したいけど・・辛いな〜(T_T)

>家探しの外国人さん初めまして!コメントは大歓迎ですよ^^確かに日本では外国人の方が賃貸住宅を探すのは難しいです。よそりければ、私の本家サイト内の記事をご覧くださいませ。http://www.o-yasan.jp/yomoyama/gaikokujin-yomoyama.html

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

最近のコメント

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2007年1月23日 23:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「火花が飛んだ」です。

次のブログ記事は「自粛中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。