火花が飛んだ

| コメント(2) | トラックバック(0)
今度入らはる部屋の改装してます。
ほぼ最終段階に来て、あとはエアコンつけて、TVモニターホンつけてできあがりのはず。

で、その設備を取り付けに来はった電気屋さんから電話が!

「エアコンつけたら火花飛んだんですよ!」

その部屋の前の入居者は、長年住んでいた方で、当時はこちらが設備としてエアコンはつけてませんでした。
当然、ご自分でその部屋にエアコンつけはって、退去時にはきちんと取り外して行かはった。
で、その後に今時の募集ですから設備のエアコンの設置をお願いしてたんです。

ところが、取り付けて、テストのため通電したとたんに火花!
エアコンはもちろんオシャカ。工事をしていた職人さんも肝をつぶしたとのこと。

びっくりして調査してみると、そこのコンセントに、200Vが来ていたそうです。
取り付けようとしていたエアコンは100V用。
そらあかんわ。

なんでこんなことになったかと言いますと。
通常、100Vのコンセントと200Vのコンセントは形状が違いますので、間違えることはありません。
ところが、前の入居者が、エアコン設置時に自分で200Vに変更した。
(「エアコン設置していいですか?」と聞かれてOKしたけど、電圧まで聞かなかった)
そして退去時、引越し業者さんがエアコン取り外したあと、プレートが傷ついてたかなにかで、100V用のプレートを取り付けちゃった。でも電圧は戻さなかった。と、いう経過と思われます。
ちなみにやったのが引越し業者さんじゃないかな、というのは電気屋ならそんなことはしないから、という単なる憶測です。


電気屋さんが悪いわけじゃないので、壊れたエアコンも、取付けなおすエアコンも、うち持ちです。
前の入居者に請求……っても、退去立会い時にもう原状回復の話はすんで、そのとおりに履行してもらってるし、引越さはってから、1年近くたってるし。

と、いうか、そんなの退去立会いでわかんないよ!
くすん。

でも、火花飛んだのがウチがつけようとしたエアコンでよかったです。
入居しはってから、お客さんのエアコンで火花吹いたら、シャレにならん。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/966

コメント(2)

そりゃ災難でしたね。請求先は引越し屋が使った業者でしょうが、トレースは難しそうです。電気工事の資格を持っている人なら、電圧毎にコンセントとケーブルを変えるのが普通ので、最悪は、引越し屋のバイトさんなのか?でも入居前に判って、事故に繋がらなかったのが幸いかもしれません。北海道のガス事故なんて、市から判らない設備を受け継いだ悲劇ですね。 そんな危機的な状況だと、ガス会社が認識してなかったのも被害が拡大した原因です。

はい。たぶん引越屋のバイトと思います。エアコンとか、インタホンの取り付け取り外しは、作業そのものは簡単で、素人にもできちゃいますから。でも、電圧に応じてコンセントのフタが変わるとか、コードの色の使い分けとか、そういった約束事はちゃんと勉強してないとわかりませんものね。>入居前に判って、事故に繋がらなかったのが幸いかもしれません。そうなんです!北海道の事故も怖かったですね……。

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

最近のコメント

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2007年1月22日 21:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「耕耘機がほしい」です。

次のブログ記事は「ベジタリアン専用賃貸」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。