金融広告を読め どれが当たりでどれがハズレか(まだ読書中)

| コメント(2) | トラックバック(0)
ときどきここでつぶやいていますが、本家サイト「大家さんのひとりごと」がよく投資系サイトで紹介される割には、私自身は「投資」には全く疎い人間です。


数字やパーセントを見ると逃げ出したくなります。


けれどもこういう稼業をしている以上、避けて通れないものでもあるわけで、ちょっとは勉強せなあかんかなぁ、とこんな本を買ってみました。

金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか
金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか





昔、中学で文芸部にいた頃、文化祭のテーマで友人が
「広告をやろう!」
と言い出した。なんで「文芸」なのか、ようわかりませんでしたが、これがコピーライトの世界との出会いでした。
人の心をくすぐる言い回し、というやつが、それはよく考えられて作られていることを知って、むちゃくちゃ面白かったのを覚えてます。


そういうわけで「広告」という視点からなら、私にもとっつきがいいだろうと。


思ったとおり、面白く読めて大正解! 理屈はすっとアタマに入ってきます。
難点としては、数字が嫌いなことに変わりはないので、理屈はわかっても計算する気には到底なれないこと(汗)。
でもまぁ、
「こーゆー言い回しには気をつけたらいいんやな」
というのがわかるだけでも収穫です。
まだ半分しか読んでませんが、がんばって読みます!


「ハイリスクハイリターン」という用語の誤解についても解説が載ってました。
「成功すれば大儲け、失敗すれば大損」のことを「ハイリスクハイリターン」とよく表現しますが、正しくは「リスク」とは「予想結果の分散」、「リターン」とは「成果の期待値」のことだそうで。(私も昨日の本家サイト記事で誤用しています)
そういう正しい使い方をすれば、世の中には「ハイリスクハイリターン」どころか「ハイリスクマイナスリターン」の金融商品もあるんだそうですよ。……おお怖わ!
しかし初めから日本語使えば、こんな誤用が広がらなかったような気も……。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/962

コメント(2)

こんにちは、ご無沙汰しております。こちらのほうは現在、空室もなくどうにかやっております。金利の上昇が気になりますが・・この本、僕も読みました、内容もわかりやすくとても面白いですよね。しかし、これ読むとほとんどの商品(国債除く)は買えなくなります^^;FXがいいのかな〜と最近は思っておりますが。質問箱のほうは休止してるんですね。たまに見に来ましたがちょっとあらしがひどかったですねもんね。それではまた、今年もよろしくお願いします。

好誠さん、お久しぶりです。満室とのこと! おめでとうございます〜。そうなんです。もともと金融商品嫌いで、銀行との付き合い上どーしても逃げられなかったものだけしかしてませんが、ますますする気がなくなります。質問箱休止してます。完全レンタルだったので、スパムをはじけなくて……。朝晩2回削除しても、まともな投稿がトップページから落ちてしまう状態でしたので、削除依頼を出しました。無事だったログは移し変えましたので、CGIの使えるサーバーに引っ越したら復活させる予定です。こちらこそ今年もよろしくお願い申し上げます〜。

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

最近のコメント

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2007年1月16日 21:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小正月の更新——外国人の賃貸入居」です。

次のブログ記事は「震災12年」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。