沢田マンション物語

| コメント(2) | トラックバック(0)
いつぞや、朝日新聞「我が家のミカタ」でも紹介された沢田マンション

実は2-3年まえに、
「ぜーんぶ自分で建てた」
というコピーに心魅かれて、でも、けなるくてけなるくて(=うらやましくて)読めないでいた本をやっと読みました。


白亜のRCマンションをセルフビルドしてしまった、沢田ご夫妻。
過酷な人生を幸せに生きた方(ご主人の嘉農さんは2003年に死去)とでも申しましょうか。
設計はすべてアタマの中という作り方、マンションに作られたスロープ、池、水田、リフト。そこに生まれたコミュニティ。すごく
「やってみたい!」
とあこがれるとともに、沢田さんのような技術もハングリー精神も自分にはないので、やっぱり本を読んだ感想は
「けなるいなー」
という、スゴイ人を知った感嘆のため息なのでした。
でも、読んで面白かったし、続けることの偉大さに勇気付けられましたよ。




沢田マンション物語





一方で、昨今の「建築ブーム」の中で語られる沢田マンションには落ち着かない。
それがなかったら、このマンションを知ることもなかったので、フクザツなのだけれど。
京都の町屋、大阪の長屋もおなじく。
見直してくれるのは嬉しいんですけど、長屋なんてそこかしこの田舎町に転がってるよ!
(で、空くと入らなくて大弱り。借地上の長屋なんて大規模改装も難しいので最悪)




前にも自分のブログ(旧)のどこかに書いた気もしますが、やっぱり根本的に「賃貸住宅」って都市的なものだと思う。
人口の集積と流動がないと成り立たない。



「かつてちょっとした町だったけど、交通の便がよくなって、今は田舎になりました」
でもおかげでみんなが都市計画の夢をみて、相続税が怖いし営農も継いでくれそうにないし、で、田んぼつぶしておったてた賃貸住宅が、今散々なことになっている。



そんなところが身近のそこかしこにあるところに住んでいるので、
「アテとこを見捨てていった連中が、なんか美化して言うてはるわ」
みたいなひがみ根性が自分のどっかにあるんだと思います……

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/958

コメント(2)

初めまして。過去記事にコメントつけてすみません。沢田マンション、昔「探偵ナイトスクープ」で見ました。(新聞コラムも読みましたが)世の中にはすごい人がいるもんですね。。。日本の九龍城・・・確かに!ブログ、毎回読んでます。ものすごーく勉強になります。

おさるさん、こちらでは初めまして^^ホント、すごいですよね。しかもしっかり、娘ムコたちが跡をついでくれてる、というのまたスゴイと思います。おさるさんもどうですか? この路線(笑)。

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

最近のコメント

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2007年1月12日 23:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「滞納と年末の関係——節季払いの名残?」です。

次のブログ記事は「給湯器のコードをかじった犬」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。