電波障害と地デジ3

| コメント(0) | トラックバック(0)
の続き。

問題の肝である費用と導入方法。

過去はともかく、現在この地域では、電波障害対策といえばCATV。
そこでCATV会社に見積もりをとった。
そのCATV会社の場合、まず共聴アンテナ設備を撤去し、CATVのケーブルに張り替え、受信用のBOXを各戸につける。そして、今後電波障害地域のケアやメンテは、CATV会社が行い、ウチは一切する必要がない。
もちろんCATV会社のコンテンツを利用するには、視聴者がCATV会社と契約をする必要があるが、一般地上波に関してはCATV会社が無償でその世帯へ責任をもって配信するわけだ。
したがって、その権利金的なものと、工事費用が発生する。
「一戸あたり、ン十万円ですかね」
という話だったのだが……。
見積もりが来てみると、戸数が思ったより多いのと、道のつき方の加減で工事費用がかさみ、目玉の飛び出る額に。
大台乗ってるよ、大台(泣)!

一方、今の共聴設備の改修と、電障地域へのケーブルの貼り替えという選択肢もある。
こっちも見積もりをとった。
……あのー、CATVの場合と一ケタ違うんですけど……(嬉)!こっちは当然、今後のメンテはウチがしなければならないが。費用的には断然こっちだ。
あとは負担配分の問題だが。こっちの話はもう暮れなので、年を越してからになる。

ここまで走り回ってくれたスタッフに感謝!

そして、少し話がそれつつも続く

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/949

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2006年12月29日 09:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「電波障害と地デジ2」です。

次のブログ記事は「あけましておめでとうございます」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。