親と住む

| コメント(2) | トラックバック(0)
私は4世代同居世帯のヨメです。
姑も小姑も大姑(姑の母)も同居中。

結婚当初から、ダンナの親姉妹と同居。
舅は早死にしましたが、諸般の事情から大姑もわが家で暮らすことになり、4世代同居になってもうすぐ2年を迎えようとしています。

こう話すと、初めて聞く人は、すごく私が苦労をしているように思わはるんですが。
実はいたって気楽とんぼに暮らしています。


嫁姑がストレスをためる原因といえば、日常ごく当たり前の家事のやりかたの違い。
洗濯物の仕分け方一つとっても、きっちり下着と分けて洗う姑に、全部まとめて全自動へポイの私。
お互い自分のやり方でOK! と思っているので、相手のやり方が違うとイライラ……。
それで結婚当初は鬱になってダンナに難儀をかけました。

ところがまぁ、火事には合うは、舅はおっ死ぬは、子どもはぞろぞろ生まれるは、そのほかイロイロあって…。
私も、おそらくは姑も小姑も開き直ったわけです。

「やり方が違おうが、順番が違おうが、洗濯物がきれいになって、それなりに掃除してあって、ごはんが日に三度出てくれば、それで困ることってないやん」

と、いうわけで女3人、自分にとって一番優先順位の高い家事をそれぞれ勝手に家族一同の分をやって、それで丸く収まってます(笑)。たまにかちあってケンカになることも、あることはありますが。
掃除と晩ご飯は小姑が、ダンナの弁当と朝ごはんそして洗濯は朝に強い姑が。これが基本的なパターンになっております。子ども3人も私が育てた、というよりも、家族が育てた、です。
誰かがいない時は、家にいる誰かがフォロー。

昔の敷地がそのまま残ってるおかげで家が広く、「自分の部屋」がみな一応は持てるのも幸いしました。

こんな状態なので、勝手に触られたくない物(食べ物とか洗濯物とか)は、各自自分の責任で死守。
張り紙をしたり隠したり。
台所や居間に放置してあると、どうなっても文句は言えません。

え? 私は何をしてるかって?

賃貸管理……ごにょごにょ。

だって、代々ヨメの仕事やって、言われたもん!

と、いうわけで続く(たぶん)。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/941

コメント(2)

え、八人の大家族! にしては微笑ましい人間関係ですね。σ(^_^)の嫁さんも北海道くんだりまで嫁いで来た時は何かと神経使いましたが子供ができてからは、ありのままの自分でやりくりしてます。屋敷が広いので庭を挟んで若夫婦の家を別に建てましたし。>火事には合うは、舅はおっ死ぬは、子どもはぞろぞろ生まれるは、そ>のほかイロイロあって…。女性は逆境に強いと聞くけど、そーか、かえって開き直って結束力になるのですか。 メモメモ (∩.∩)φ

やまびこさん、ありがとうございます〜。「ありのまま」っていいですよね!「ありのまま」と「わがまま」がまざらないよーにだけ気をつけよーと思います〜。

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

最近のコメント

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2006年12月21日 21:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大家さん学びの会」です。

次のブログ記事は「年末の客」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。