水漏れトラブルのご相談

| コメント(0) | トラックバック(0)

投稿時間:2006/07/20(Thu) 00:03
投稿者名:あおい
Eメール:
URL :
タイトル:水漏れトラブルのご相談

突然、長文で不躾なご相談をすみません。

先日、上階からの水漏れ被害に合い、トラブルの解決についての
事例を検索していた所、こちらのサイトの「大家さんのひとりごと」
の"203の北村さん"とまさしく同じ状態なので、こちらのご相談に
書き込みさせていただきました。

我が家の物件は、RC構造の2F建てハイツで、水漏れの原因も
まさしく上階の方の留守中に洗濯機の給水ホースが外れ、
全開状態だった水道から2時間以上水が流れ続けたため、
階下の我が家は水周り(洗面所・トイレ・浴室)の天井・壁・床と、
洗面所・浴室に隣接している、和室の押入れと天袋収納の
天井・壁(パワーボード)・中板や畳2枚(上の絨毯)が水を
吸ってしまい、ようやく乾きつつある現在、それらに染みや
クロス浮きなどが出ている上、それらを乾かすために収納して
いた荷物を室内に全部並べているので、足の踏み場もない状態で
母子のみ、近所の実家に避難している状況です。
(主人のみ防犯上の理由から、寝泊りのみしています。)

とりあえず、上階・我が家とも同じ総合住宅保険に入っており、
水漏れの2日後には、大家さん・お抱え業者・上階の方・我が家と
4者立会いの下、現状の確認と今後のご相談ということで、お話し
しましたが、大家さんは水漏れ事故のご経験がないとのことで、
修繕の確認ばかりを行い、我が家の現在日常生活に支障をきたし
住める状況でないことを説明しても、「今即答はできないので、
今後書面で・・・」というばかりでお話しにならない上、水漏れによる
我が家の直接被害を、我が家の損害保険でカバーしてもらうよう
言われたり、工事についても水周り全ての工事に「2日ぐらいで、
大丈夫?」と業者に聞くなど、素人が聞いても「???」と思う
ことが多く不安が増すばかりです。

さらに保険会社も、我が家の直接被害が"敷布団2枚・ジュータン
のクリーニング"、洗濯機・掃除機の点検などと、金額的に少ない
ためか、部屋が使えない分の代替え費用等については
「乾けば収納できるし、工事も24時間行なうわけでないので、
工事が終わってから毎日収納すればいいだけで居住スペースは
確保される」と間接被害については認められないと言われる
始末です。

そのため、これ以上工事等で日常生活を脅かされるのは、苦痛以外の
何物でもないので、"203の北村さん"同様よそへの引越をしたいと
思っています。

その際、物件使用不能による契約解除ということで、今の物件の
敷金・礼金・引越代を大家さんにお願いしたいと思いますが、
このような事例はございますでしょうか?
もし、それが難しいのでしたら、もう一度保険会社と掛け合い、
代替え先の提供を受けた時点で、通常の予告解除の方向で動き
たいと思いますが、そういった事例もございますでしょうか?

長文で大変申し訳ありませんが、ご教授いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

投稿時間:2006/07/21(Fri) 14:21
投稿者名:武水しぎの
Eメール:
URL :http://o-yasan.jp/
タイトル:Re: 水漏れトラブルのご相談

大変な水漏れ、まずはお見舞い申し上げます。

>水漏れによる我が家の直接被害を、我が家の損害保険でカバー

これは間違いではありません。
http://www.fujikasai.co.jp/3_syou/juso/juso.htm
のとおり、一般的な住宅総合保険では、被害者側の保険も使えます。
ただし、これは家財のみに限定され、クロス等の修復は含まれません(壁紙は家主のモノなので)

加害者側の保険のなかの、「借家人賠償特約」でクロス等が修繕されます。「個人賠償責任担保特約」で被害者の家財の補償、部屋が使えないことに対する補償ができます。


家主も被害者であり、水漏れ事故に対する責任は今回ありませんので、部屋が使えないことに対する損害賠償を家主に求めることはできません。加害者に求めることになります。(ただし、家主が必要以上に修理手配を遅らせた場合はその部分に対する請求ができます)


「203号室の北村さん」の場合は、O家さんが退去されるのを嫌がって、「好意」で自己負担を申し出たのです。このあたり誤解を生じる
書き方であったことをお詫び申し上げます。


>もう一度保険会社と掛け合い、

これが正解かと思います。間接被害に関しては保険会社がしぶるのは確かです。合理的な範囲でできる限り被害額を絞ろうとしますので。
逆に合理的な範囲でできる限り多く被害額を見積もるのがこちらの対抗策になります。


>部屋が使えない分の代替え費用等

は加害者側の保険、家財の直接被害は被害者加害者双方の保険適用が可能(ただし一つの被害に対してはどちらか一方)です。

あと、水周りの工事ですが、業者の体さえ空いてれば2日で十分できますよ。

投稿時間:2006/07/21(Fri) 22:07
投稿者名:あおい
Eメール:
URL :
タイトル:Re^2: 水漏れトラブルのご相談

早速の的確なお返事、ありがとうございます。

>一般的な住宅総合保険では、被害者側の保険も使えます。
>加害者側の保険のなかの、「借家人賠償特約」でクロス等が修繕され>ます。「個人賠償責任担保特約」で被害者の家財の補償、部屋が使え>ないことに対する補償ができます。
>家財の直接被害は被害者加害者双方の保険適用が可能(ただし一つの>被害に対してはどちらか一方)です。
我が家の場合、被害者加害者双方が同じ保険会社だったため、
保険会社からは「我が家の保険は、使えない。」と言う返事でしたが、
これは正確には「我が家の保険が使えない」のではなく、相手の
保険でカバーするから、我が家の保険からはでないよ、ということ
なのですね?
自動車保険の場合、例外はありますが、通常自分側に過失がないと、
車両保険に入っていない限り、自分の車の修理に自分の保険は
使えないので、そういう理由なのかと、思っていました。

> 家主も被害者であり、水漏れ事故に対する責任は今回ありませんの
>で、部屋が使えないことに対する損害賠償を家主に求めることはでき>ません。加害者に求めることになります。
そうですか、賃貸契約がある以上、その契約の状況が変わって
しまったことで、大家さんにもその責任が多少なりともあるの
では・・・と思いましたが、それは問えないのですね。
あくまで、好意ということなのですね。すみません、私の認識
不足ですね。

>間接被害に関しては保険会社がしぶるのは確かです。
>合理的な範囲でできる限り被害額を絞ろうとしますので。
>逆に合理的な範囲でできる限り多く被害額を見積もるのがこちらの
>対抗策になります。
昨日、やっと保険会社の代理の鑑定人の方がいらして、物件の
状況を確認しにこられました。その方に、窮状をお話しして何とか
工事中の代替え費用(工事中の移転関連費用)については、保険で
カバーしていただけるよう、お願いしてみました。

>あと、水周りの工事ですが、業者の体さえ空いてれば2日で十分
>できますよ。
そうなのですね。現場では業者が「乾かしが入るので、それを
十分取ると2日では難しい」といわれていたので・・・。
2日でも十分出来るなら、移転期間も少なくて済みますね。

色々、ありがとうございました。
保険会社に粘り強く交渉して、ダメなら上の方に費用負担について
ご相談してみようと思います。
また、お願いにあがることもあると思いますが、よろしくお願い
いたします。

投稿時間:2006/07/22(Sat) 19:51
投稿者名:武水しぎの
Eメール:
URL :http://o-yasan.jp/
タイトル:Re^3: 水漏れトラブルのご相談

ごめんなさい!

> >あと、水周りの工事ですが、業者の体さえ空いてれば2日で十分
> >できますよ。
> そうなのですね。現場では業者が「乾かしが入るので、それを
> 十分取ると2日では難しい」といわれていたので・・・。
> 2日でも十分出来るなら、移転期間も少なくて済みますね。


単純に工期のみでカキコしてしまいました。
乾かしも入れると、この長雨続きでは2日は無理です。

ただ、工事が終わるまで避難しっぱなし、というわけではありません。
とりあえずクロス等たわんだまま日常生活にもどり、梅雨が明けて乾いてから施工するのがいいと思います。(ただ、濡れた壁の周りからはできるだけ離して荷物を置いたほうがいいと思います)
壁際の荷物移動は二度手間にはなりますが、「部屋で生活できない」期間はぐっと減ると思います。
乾燥が不十分ですと、クロスを張替えてもカビが生えてきますので……。借家のビニールクロスは通気性がよくないですから。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/613

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2006年7月20日 22:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「駐車場に・・・。」です。

次のブログ記事は「アパート買取」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。