セントラル給湯

| コメント(0) | トラックバック(0)

某物件のセントラル給湯の給湯器が更新時期を迎えている。

いっぺん水を屋上に引いて、そこから給湯器を通して物件内にお湯を循環させているのだが……。

実は私、エコロジー好きである。生態学が好きなのであって、「地球に優しい」という言葉は嫌いなのだが。原発に発電量を頼らなければならない状況も好きじゃない。だって、どう考えても扱いきれてないもんな。

あぅ。話がそれた。
で、何が言いたいかとゆーと、地球にさんさんとふりそそぐ太陽のエネルギーを使わないのはもったいない。
ソーラーエネルギー、というとすぐに太陽電池を思い浮かべるが、熱は熱、光は光のまま利用するのが一番エネルギー効率がいいはず。電気はエネルギー形態の変換媒体としては非常に便利だが、それ一辺倒もどうかと思う。
と、いうわけでせっかく屋上まで水道配管がのぼってるんだから、配管と給湯器との間に太陽熱温水器をかませるのはどうよ?
と、聞いてみた。うまくいけばガス代節約できるはず……。


で、回答が返ってきました。
ウチの地方でそれをすると、温水器からでるお湯の温度が上がりすぎて、逆に水をささなければなりません、とのこと(夏場)。制御機器や配線が熱に弱く、この水道代がバカにならないんだそーだ。
冬はもちろんそれほどには音頭上がらないが、逆にソーラー設備の効果も出ない、とのこと。
単純なサーモじゃないのね(あたりまえか)。昔ながらのボイラー+水道水なら逆にできたかも。


それにしても……実際やってみた人がいるらしい(笑)。結局逆にコスト増になったんでやめたらしいが……。
仲間がいてよかった!


で、太陽電池と他のソーラー機器の話に戻るが、企業系統が違うから仕方ないのか、とは思うが、節電節燃料を狙うなら、電池+温水器+ひまわりとか、いろいろ組み合わせたほうがいいのにな。
と、思っていたら、パナホームがひまわり搭載の住宅を発売したそうな。温水器や太陽電池に比べると、まだまだ認知度が低いので、後に続くハウスメーカーが出ることを祈っている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/105

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2006年6月28日 09:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「滞納者の追い出し」です。

次のブログ記事は「滞納家賃回収」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。