表札について

| コメント(0) | トラックバック(0)

投稿時間:2006/06/13(Tue) 11:28
投稿者名:外資社員
Eメール:
URL :
タイトル:表札について

最近、隣家のご主人が亡くなり
斎場での御通夜に伺いました。

はっと困ったのが、最近 越してきたばかりで
苗字を知らない。 私の所は集合住宅なのですが、
都市部でセールスお断りなせいか、
ポストは、どの家も苗字を書かず部屋番号のみ表示。
オートロック以降の各戸 玄関にも、当家以外は
誰も苗字を書いておりません。
結局、お取り込み中に”お宅様のお名前は”と
間抜けな質問に伺い恥ずかしかったぁ。

皆さんの所は、如何でしょうか。
家主さんが、玄関に苗字・屋号の記載を要求するのを
拒否された場合はありますか?
また、住民さんは、表札などを出しておりますでしょうか?

投稿時間:2006/06/15(Thu) 08:54
投稿者名:外資社員
Eメール:
URL :
タイトル:訂正

相談として相応しくなかったので
訂正させて頂きます。

住人さんに表札を出して頂くのは、家主として当然の
ことと思うのですが、昨今 個人情報保護を盾に(という
よりも誤解?) 名前の掲示を拒む賃貸人さんが
いらっしゃいます。

入居契約書には、”入居後は遅滞なく名前を掲示”とあり、
住人間のコミュニュケーションの為にも、
配送物が確実に届く為にも、望ましいと思いますが、
何故か匿名性に拘る方がおります。

このような場合に、何か良い対応の方法は
ありますでしょうか?
 匿名性に拘る方への対応方法を
ご教示頂けると幸いです。

投稿時間:2006/06/15(Thu) 23:31
投稿者名:武水しぎの
Eメール:
URL :http://o-yasan.jp/
タイトル:Re: 訂正

うーーん。確かにお葬式で名前聞くのって、バツが悪いですよね……。

うちの物件では、「名前の掲示」にはまったく触れてませんし、私自身はおっしゃるような規定は見たことがありません。

個人的には表札ぐらい掲げてほしいですね。掲げないとそれなりに不自由もありますし……。
でも一方で表札をあげないことによる不自由とか、信用だとか、誤認・誤配だとか。そういった不利益を覚悟で表札をあげないなら、まぁご勝手にどうぞ、と(苦笑)。

ファミリーはまだ表札を出す人が多い(8割ぐらいかな)ですが、単身者用だと9割以上が表札を出しません。
対応は正直よい方法を思いつきません。

投稿時間:2006/06/16(Fri) 07:58
投稿者名:外資社員
Eメール:
URL :
タイトル:表札問題

情報有難うございます。

ファミリーだと8割くらい出してくれていますか。
社宅をおいている東京(品川、大田)では
殆ど出ていないので、訪問した時に困る場合が多いです。
 つい先日は、”うつ病”で休職している人が連絡不能に
なったので、そのアパートに行きましたが住所が誤記、
(入社履歴書と入社後の自己申告で部屋番号が違う)
表札が出ていないので、苦労しました。
とりあえず無事だったので安心したのですが....

お話していて、一つ思いついたのは 入居の時に
玄関の名札を作って差し上げるというのは方法かも
しれません。 どうしても嫌な人は駄目ですが、
半数(特に独身)は、面倒なのが理由とも思えるので。

いづれにせよ、有難うございます、
お陰で考えが整理できました。

投稿時間:2006/06/16(Fri) 12:40
投稿者名:武水しぎの
Eメール:
URL :http://o-yasan.jp/
タイトル:Re: 表札問題

> お話していて、一つ思いついたのは 入居の時に
> 玄関の名札を作って差し上げるというのは方法かも
> しれません。 どうしても嫌な人は駄目ですが、

あ、ソレいいですね!
駐車場の管理とかではやりますが、考えてみれば玄関の外は共用部ですから、貸主側が徹底させたい場合は契約書にもりこんだ上で、表札は家主側で掲げるのは確かにいい手段だと思います。
そうしたら妙な表札を玄関ドアに貼られることもありませんし。

あとはどうしても嫌な人への配慮をどうするかですよね。
どちらがどこまでOKなのかはなかなか微妙な問題です。
信用調査の人から電話なんかもたまにありますからね……。
「答えられません」で押し通してますが(笑)。

ただ、表札が嫌、という人の気持ちはわからないでもないですが、郵便物のまったくない家というのはありませんから、郵便物でわかるのはわかります。特に昔の中が見えるタイプの郵便受けは。
最近のは中が見えないのも多いですが……。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/605

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2006年6月13日 23:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「病院に始まり、病院で終わる」です。

次のブログ記事は「1901年  家屋借用証書・敷金預り証・借地証書」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。