2006年6月アーカイブ

投稿時間:2006/06/29(Thu) 22:12
投稿者名:まだまだ修行中
Eメール:
URL :
タイトル:滞納家賃回収

こんにちは。新米家主です!
8ヶ月滞納家族がやっと立ち退いてくれました。
(強制執行ではなく、やっと立ち退き実家に身を寄せたようです)
家賃未払い¥520,000と修繕費要(こういう方って概して凄い部屋に
なってるんですよね。。)を含め約80万円位の請求をしたいのですが
法的に立ち向かうには、どうしたらよいのでしょうか?
小額訴訟ではありませんし。。。弁護士さんを立てないとダメ
でしょうか?不動産屋さんは「出て行っただけでもよしとしませんか?」とこちらの泣き寝入りを望んでおり、頼れません。連帯保証人は契約者の父親ですが立ち退きの半年前になくなっており、新たな保証人はいないままです。先輩大家様、助言の程いただけたら幸いでございます。

某物件のセントラル給湯の給湯器が更新時期を迎えている。

いっぺん水を屋上に引いて、そこから給湯器を通して物件内にお湯を循環させているのだが……。

実は私、エコロジー好きである。生態学が好きなのであって、「地球に優しい」という言葉は嫌いなのだが。原発に発電量を頼らなければならない状況も好きじゃない。だって、どう考えても扱いきれてないもんな。

あぅ。話がそれた。
で、何が言いたいかとゆーと、地球にさんさんとふりそそぐ太陽のエネルギーを使わないのはもったいない。
ソーラーエネルギー、というとすぐに太陽電池を思い浮かべるが、熱は熱、光は光のまま利用するのが一番エネルギー効率がいいはず。電気はエネルギー形態の変換媒体としては非常に便利だが、それ一辺倒もどうかと思う。
と、いうわけでせっかく屋上まで水道配管がのぼってるんだから、配管と給湯器との間に太陽熱温水器をかませるのはどうよ?
と、聞いてみた。うまくいけばガス代節約できるはず……。


で、回答が返ってきました。
ウチの地方でそれをすると、温水器からでるお湯の温度が上がりすぎて、逆に水をささなければなりません、とのこと(夏場)。制御機器や配線が熱に弱く、この水道代がバカにならないんだそーだ。
冬はもちろんそれほどには音頭上がらないが、逆にソーラー設備の効果も出ない、とのこと。
単純なサーモじゃないのね(あたりまえか)。昔ながらのボイラー+水道水なら逆にできたかも。


それにしても……実際やってみた人がいるらしい(笑)。結局逆にコスト増になったんでやめたらしいが……。
仲間がいてよかった!


で、太陽電池と他のソーラー機器の話に戻るが、企業系統が違うから仕方ないのか、とは思うが、節電節燃料を狙うなら、電池+温水器+ひまわりとか、いろいろ組み合わせたほうがいいのにな。
と、思っていたら、パナホームがひまわり搭載の住宅を発売したそうな。温水器や太陽電池に比べると、まだまだ認知度が低いので、後に続くハウスメーカーが出ることを祈っている。

投稿時間:2006/06/20(Tue) 09:42
投稿者名:すぅ
Eメール:
URL :
タイトル:勉強させてください。

私の管理していますアパートで、家賃等が滞納している方がいます。
うちとしては、出て行ってもらいたいのですが、「出てってください」といっても、退去してくれません。。
出て行ってもらうためには、強制執行の手続きをとらないと、だめでしょうか??
また居住権とかが、関係して簡単には追い出せないのでしょうか?
教えてください。。

ワンルームで法人契約の場合、水道代は入居者もち、てのはよくある話。
半年以上水道代を払ってくれないんで、法人さんに連絡した。

もちろん初めてじゃない。
毎月督促はしてるし、電話もかけてる。
でも電話はつながんないし、払ってもくれない。
法人さんとおして注意してもらうのも……何回目だったかなぁ。


で、判明。
自己破産の手続き中だと……orz
あのー。でもー。うちも債権者なんやけどー。通知来てないぞーーーー。
どうせ同時廃止だろうしーー。水道代だから思いっきり小口債権やしーー。回収するほうがコストかかるしーー。
知らせが無いほうが債権は生き残るので(たぶん)、かまわない、もといしゃあないのだがーーー。


でもさ。債務だという認識ぐらい持ってくれよ……。

投稿時間:2006/06/16(Fri) 16:47
投稿者名:おみず
Eメール:
URL :
タイトル:水道代

大家さんが水道代をマンション全体から計算して請求されるのですが、一見いくらではなく、一人いくらで計算されてました。うちは2人ですから一人で住んでいる方の2倍ですね。この計算の仕方は普通ですか。

投稿時間:2006/06/15(Thu) 11:25
投稿者名:騒音に悩む主婦
Eメール:
URL :
タイトル:騒音がなければ・・・。

2階建て4世帯のハイツ1階に4年ほど住んでいます。間取りや環境がとても気に入っていますが、2階に住まわれてる方の足音がすごくうるさく困っています。何回も注意しましたがなおりません。2階の方は、当初は子供がいない様でしたが、子供ができ走り回るようになりました。2階は家賃も同じで、初めから2階がよかったのですが空いてなかった為、仕方なく1階に決めました。真上ではない2階(となりの2階)に空きができるのですが、2階にかわる場合は、はじめからの手続きになるのでしょうか・・・。敷金、礼金、
仲介手数料など。礼金だけでも免除とかは、できないのでしょうか?かなりストレスがたまっており、悩んでおります。よいアドバイスをお願いします。

O家さんの家の筋向いに3軒長屋があります。O家さんの持ってる借家です。うっかりすると戦前から建ってるんじゃないかと思うような建物ですが、O家さんの親も祖父も、また代々の住人の方も大事に扱ってきたので、しっかりと風情のいい建物になっています。長屋とはいえ、二階建ての洋風長屋、小さな門と庭まで付いてますから、今ですともっと洒落た言い方があるのでしょうが、ベランダはないのでテラスハウスでも無し。やっぱ長屋としか言いようがありません。
さて、ここに小学生のお子さんのいるご一家が越されてきました。ご夫婦とぴかぴかの一年生の三人暮らしです。
ある日、その坊ンがO家さんの家を訪れました。
「あのね。かぎ忘れておうちに入れないの」
たまたまお父さんもお母さんも仕事で留守。学童保育が終わって帰ってきたところのようです。
O家さんはお母さんに電話で事情を話し、合鍵で開けて子どもを中に入れますね、と伝えました。
ところが、合鍵が入りません! 何度やっても鍵が途中まで入らない。入居時の書類と、O家さんが持っている鍵のNo.を照らし合わせましたが、間違ってはいません。
「……鍵、変えた?」
と聞きますと、
「ううん」
と子どもはかぶりを振ります。でも、入りません。O家さんがほとほと困っていると、子どもが言いました。
「あのね。開かないかなー、と思って、いろいろやってみたの」
ん? ……いろいろ?
ふと、玄関扉の前のたたきを見てみると、小枝に針金。
「……ひょっとして……。入れてみた?」
「うん。それでも開かないからお願いに来たの」
鍵穴に針金を入れたりして、子どもは自助努力をしてみたようです。そしてその時に鍵穴にゴミが詰まってしまったようです。これは鍵屋を呼ばなければ……。
と、思ったO家さん、ふと思いつきました。この物件は、建物の反対側にも細い道路があるのです。風呂の横から出られるようになっており、住人はみな、自分の家の裏に洗濯物を干すので、道路にも関わらずほとんど長屋の裏庭状態となり、ほとんど通る人はいません。でも道路は道路ですから、入ろうと思えば入れます。その裏の入り口が施錠されていなければ、そこから室内に入り、玄関の鍵を開けることができます。
「裏から入ってみていいかな?」
「いいよー」
O家さんは一応子どもに断って、裏へ回りました。1軒目の植木鉢の群れををまたぎ、2軒目の洗濯物をかいくぐり、3軒目が目標の家です。O家さんは祈るような気持ちで裏口の引き戸を引きました。幸い開いていたので、「はい、ごめんなさいよ」とつぶやきながらO家さんは室内へ。居間を突っ切って玄関を開けました。
……なんだか空き巣になった気分です。子どもは大喜びで部屋に入りましたが、複雑な気持ちにO家さんはなりました。
ややあって、お母さんが帰ってきたので事情を伝え、
「勝手に立ち入りまして申し訳ありません」
「いえこちらこそご迷惑をかけまして……」と謝罪合戦。鍵はシリンダー交換になりました。

この子どもの場合、向かいですからO家さんも道で会うたびに挨拶し、顔もよく知ってます。しかし少し離れたマンションですと、なかなかそうもいきません。
「締め出されたので開けていただけませんかねー」
と今度は年配の男性から電話がかかってきました。
「何号室の方ですか?」
と聞くと
「306の小川だけれども、孫の散歩に出てる間に仕事に行ってしもうたらしくてな」
しかし、小川さんは若夫婦と子ども2人。年配の男性は住んでないのです。「孫」という口ぶりからすると、どうやら借主の父親のようです。
「失礼ですが、保証人の田中さんですかねー」
「うん。そうそう」
けれども、O家さんは田中さんの顔を知りません。
「なにか身分証明になるものお持ちですか」
そう聞くと、電話の向こうの声は少しむっとしたようです。
「孫の散歩にそんなもの持ってない!」
それでは鍵を開けられないのです。誰かがそう偽って泥棒に入ろうとしているかもしれないのですから。
「実際にそれで泥棒に入られたマンションがありましてね……」
とO家さんが説明しますと、一応納得はされました。しかし、今日は小川さん夫婦は仕事で遅くなるので、そもそもそれで孫の世話に泊まりに来た、とのこと。仕方ないので田中さんの自宅に孫を連れて帰ってもらい、そのことを小川さんの留守電に入れておきました。
明けて次の日。小川さんも「開けてくれたらいいのに」と、ちょっと不機嫌そうでしたが、泥棒の実例を聞いてため息。O家さんも小川さんに確認電話を入れて開けようかな、とは思ったのですが、口裏を合わせて芝居をする悪人もいると聞きます。こういうときはご近所づきあいの大事さをしみじみ噛み締めるO家さんでした。

1901 大阪法令館

家屋借用証書

何府県何郡市何町村何番地所在 一 木造二階建家屋 一棟     但し別冊の通り畳建具その他雑作一切 一 土蔵二階建家屋 一棟     但し別冊の通り雑作一切    右家賃一ヶ月金何円也。 右は貴殿御所有の家屋、今般拙者借受け申し候義、実正也。然る上は前記の家賃、毎月何日限りいささか相違無く差出し申すべく候。就いては諸般の規則相守り申すべくは勿論の事、近隣の妨害に相成り候様の事は決して致すまじく候。次に該家屋御入用の節は、何日以前に御通告下され候へば、期限内にきっと明渡し申すべく候。其の節家屋附物等は総て貴殿と立会の上、引き渡し申すべし。もし一品たりとも不足致し候か、或は模様替など致し居り候個所これ有り候時は、従前の通り取り繕い候か、又は御協議の上、不都合これ無き様仕るべく候。又本人他行其の他事故にて諸般の義務相つくし難く候節は、請証人において引受け、諸事弁償致すべく候。よって家屋借用証書請証人連印、件の如し。

明治何年何月何日
何府県何郡市何町村何番地
借主 何某 印
何府県何郡市何町村何番地
請人 何某 印
何府県何郡市何町村何番地
請人 何某 印
何某殿

貸家敷金預証書

一金何拾円也 右は拙者の所有に係る何府何県何郡何町何村何番地の家屋、今般貴殿へ貸渡し候につき、其の敷金として前記の金円正に預り候義実正也。然る上は他所へ御移転相成り候節は、速やかに御返金致すべく候。もし万一家賃相滞り候節は申すまでもなく、貴殿の過失に依り家屋及び造作物等破損致し候時は、其の修繕費、右敷金の内より差引き受取り申すべく候。後日のため一筆件の如し。

何府県何郡市何町村何番地
預り主 何某 印
何府県何郡市何町村何番地
証人 何某 印
何某殿

地所借用証書

何府県何郡市何町村何番地 一 地所何坪 但し此の間口何間何尺        奥行何間何尺  此の借地料1ヶ月何程 右は貴殿御所有の地所、拙者において借用候義、実正也。然る上は、毎月何日限り前記の借地料相違無く相納め、もし一度にても遅延致させ候節は、請証人引受け、直ちに相納め申すべく候。かつ右の地所御入用の節は何時にても何日以前に御通知下され候へば、早速明け渡し申すべく候。よって地所借用証書一札、件の如し。

明治何年何月何日
何府県何郡市何町村何番地
借主 何某 印
何府県何郡市何町村何番地
請人 何某 印
何府県何郡市何町村何番地
請人 何某 印
何某殿

投稿時間:2006/06/13(Tue) 11:28
投稿者名:外資社員
Eメール:
URL :
タイトル:表札について

最近、隣家のご主人が亡くなり
斎場での御通夜に伺いました。

はっと困ったのが、最近 越してきたばかりで
苗字を知らない。 私の所は集合住宅なのですが、
都市部でセールスお断りなせいか、
ポストは、どの家も苗字を書かず部屋番号のみ表示。
オートロック以降の各戸 玄関にも、当家以外は
誰も苗字を書いておりません。
結局、お取り込み中に”お宅様のお名前は”と
間抜けな質問に伺い恥ずかしかったぁ。

皆さんの所は、如何でしょうか。
家主さんが、玄関に苗字・屋号の記載を要求するのを
拒否された場合はありますか?
また、住民さんは、表札などを出しておりますでしょうか?

人の一生。なんちって。


……じゃなくて。
娘が派手に全身に湿疹をだしたので、朝から小児科へ。
結果は「接触性皮膚炎」。
ようするになにか変なもん触って、それでかぶれたらしい。
で、その手であちこち体を触るから、触ったトコ全部かぶれちゃった、と。
受診後に幼稚園まで送っていきました。

物件のドアクローザーが外れた、と連絡があったので、工具持ってって、取り付けなおし。……別に私が付けたわけではないが、年を経る間に段々ネジが緩んでいたみたい。ドライバーで締めたら直りました。
でも、ドアクローザーの力って結構強いのね……。ネジ穴にネジをあわすのに思いっきり苦労したよ……。

先月退去の方の清算事務をしたりなんかしてると、夕方妹から電話があり、実家の母が入院したと(汗)。
盲腸でした。手術も無事終わり、見事に膿んだ盲腸を見せてもらいました。
……盲腸でよかった! ほっとしました。前に癌やってるから……。

というわけで、病院に始まり、病院に終わった一日でした……。

1  2

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2006年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年5月です。

次のアーカイブは2006年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。