またリカバリ

| コメント(0) | トラックバック(1)

リカバリ半年目にしてまたもやリカバリ。FTPがわやになって使い物にならないので。
このPCでは4回目。そろそろ寿命かな。

昭和58年刊の「居住権論―借家法序説」を、事務所の整理してたら発見。
「住居の賃貸契約においては、期限の定めのあるものはまれ」って、当時はそうだったんやろか???

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/90

現実にある出来事の紹介 - 大家様に怒鳴られるご遺族 (2006年5月 7日 20:56)

ある日の午後、遺品整理のご依頼が有り、私は即日お見積に伺うことにしました。 見積には、ご依頼主の奥様が立ち会われておりご主人はしばらくしてから来られるということでした。 作業は急ぐということで翌日に行うお話になりました。 しばらくご主人を待っていましたが、お越しにならないので帰社することにし、玄関を出ました。 玄関で奥様とご挨拶をし、帰ろうとしたときでした。 何か大声が聞こえてきました。 {/kaminari/}{/kaminari/} 「おたくの親父にはさんざん・・・・・・・・・・・・・」 「すみません」 「家賃も払わないで・・・・・・・・・・・・・・・・・・」 「すみません」 「今日中に出るといっていたのはどうなってるんだ・・・」 「すみません」 私はしばらくその声を聞いていましたが、あまりにも感情的な声が長引いているので、その声の方に向かいました。 そうすると奥様が 「実は主人のお父様はしばらく家賃を滞納しており、大家さんと仲が悪かったのです、お父様が亡くなったことで昨日までに部屋を明け渡す条件で、滞納分を半額にしてもらえることになっていたのですが、葬儀や仕事の都合で手配ができなくて大家さんが、怒ってしまったのです。」 「本当は見積ではなく作業を今日にしなくては、いけなかったのですね。」 「はい、そうなんです。」 「なるほど・・・・・・」 私はなかなか大家様のお怒りが収まらないので、見るに見かねてしまいました。 私どもにとってはお客様ですので、何とかしてあげないとと思いご主人のもとにあるいて行き、大家様の言葉に割り込んで大家さまに言いました。 「すみません、私こう言う者ですが今回は私どもの不手際にて大家様には大変ご迷惑をおかけいたしました、申し訳ございません。」 「本日の作業で御伺いしておりましたのですが、当社の手違いで明日の作業になってしまったのです、本当に申し訳ございません。」 「明日の午前中には完全に明け渡しできるようにいたしますので、何とか明日の午前中までご勘弁くださいませんでしょうか・・・」 「・・・・・・・・・・今日の予定で聞いていたのか?」 「はいそうです、私どものミスでご迷惑をおかけしました申し訳ございません。」 「・・・・・・・・・・本当に明日の午前中には終わるのか?」 「はい間違いなく午前中には、お掃 続きを読む

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2006年5月 4日 00:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「幸せの賃貸インテリア」です。

次のブログ記事は「FFFTPが直らない……」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。