2006年2月アーカイブ

いっぱい、いっぱい、な日々が続いてます……。

「がんばる家主」サポート更新できてねーや……。メゾン33さん、ごめん。
ふだん出入りしてる掲示板もROMすらロクにできてない。

こないだちょっとした間ができたが、それは古本探しに費やした(←逃避)

新築物件の仲介依頼に業者さんを15軒まわりました。
はっと気がつけば、追出し裁判の判決が確定してるはずなので、今度は強制執行の手続きにかかります。
入りの悪い物件は宣伝に力を入れてます。今がトップシーズン!
がんばらなきゃ……!!
というわけで、しこしこ宣伝用のサイトに手をいれたり、設備投資もやってます。

浄化槽がぶっ壊れてだまし運転してた物件は、20年前に下水が来てたことが判明しました……。
なんで今まで浄化槽やったんや??? と聞けば、業者さんが一般論としていわく、
「合併浄化槽の方がランニングコスト安いから」
とのこと。
いや、でも。この物件築ちょうど20年……よ。
建てたときの当事者がもういないから、なんで当時下水につながなかったかさだかでないが。
でも、今度浄化槽を続けると、また20年後に300万から修理代が要るってことですよ……ね……。
下水につなぎます! ハイ!

決算資料を私の担当分は全部出し終わったので♪、やっとこさ現金受取分の台帳を今年度のに繰り越す。
めんどくさっ。

めんどくさい、といえば、銀行のシステム変更。
季節柄入退去が多くて、自動集金の変更用紙をもらいにいくと、様式が変わってる!
様式が変わってるだけならまだいいんやけど……。

今まで強制的に割り振ってた「顧客番号」とやらをこちらが指定できるようになって。
こちらが指定してた「会員番号」が「適用コード」とやらになって。
「会員番号順に並べて打ち出せますよね?」と聞くと首をひねられた。
さらに今までは借主ごとに、家賃・共益費等の額を登録してたのが、今は「パターン」とやらを登録する仕組みであるとのこと。
だからその「パターン」って何だよ!!! そんなのなかったよ、今まで!! 
(まず引き落し額のパターンを登録し、今度自動引き落しに加入する人の引き落し額を、そのパターンから指定するらしい。変更用紙が月ごとにパターンを指定するようになっているところを見ると、塾の月謝や学校の校費などを想定していると思われる。加入者全員それぞれ違うパターンてのは考えてないんだな)
だいたい以前から、引き落し家賃の変更のやり方を聞くと、いつも違う答えが返ってくるんだ……。
別に銀行員の人がいい加減なわけではなく、合従連衡や合併によるシステム変更のせいなのだが。頼むから、仕組みが変わったんなら案内ぐらいしてくれ……。

投稿時間:2006/02/02(Thu) 22:59
投稿者名:アイリ
Eメール:
URL :
タイトル:退去時について

はじめまして、アイリと申します。
実はウチの母が元自宅を借家として人に貸しておりますが、1月末で退去され、本日、母・妻・仲介不動産屋さんで退去した家を見にいきました。(私は別の時間に妻と見に行きました)
4年間貸していたのですが、入居される前に、クロスを張り替え、ちょっとした改装を行いました。敷金は20万強頂いているようです。
そして今日見に行くと、床にはカビ・天井にはくもの巣・壁紙や土壁には落書き(ほぼ一面にわたって)や破れ・コンセントは引き抜いたような空洞・洗面所は髪の毛や吸殻で詰まっているようで流れず、庭も荒れ放題で散々でとても住める状態じゃありませんでした。不動産屋さんに聞くと、壁紙は落書きの書いてある部分だけの金額しか出ないだとか、マジックは消えるから・・・。などというばかりで、当てになりません。また、入居時に鍵を2つ渡したか1つだったのかわからない始末でした。
 まず、そういった尋常じゃない使い方をされたとき、借主に請求できないのか?(器物破損も多々ありました)また、その話は大家と借主で(不動産屋なしで)するものなのか?鍵をいくつ渡したかわからないということに慰謝料を請求できないのか?といった3点の質問なのですがどうでしょうか?

投稿時間:2006/02/01(Wed) 14:28
投稿者名:外資社員
Eメール:
URL :
タイトル:第三者による破産請求

すでにニュースで報じられていますが、
ヒューザのマンションを購入した住民から、
資産散逸を未然に防ぐのを目的に、第三者破産を申し立てが
行われました。
ニュースをみて考えてみると、住民は瑕疵責任への賠償という
債権を持っているとの解釈もなりたつのですね。

転じて考えると、賃貸住宅において家主の経済状態が危ないという
ことがわかれば、住人による敷金保全の為の破産申し立ても可能と
考えられます。 競売物件に関する借り手の権利が制限された
ことから、可能性のある事項と思いますが、如何でしょうか?

この手の話が進むと、家主の経済状況に関するディスクロージャ
(公開)も求められるようになってくるのでしょうか。

…………(泣)!!!!!
「室内」が休刊……!!!

インテリアの面白さ、建築の面白さを教えてくれた本だったのに……!!!

インテリア雑誌は数あれど、興味なんてなかった。
でも「室内」を読んでからは違った。
雑誌自体の魅が素晴らしかった。特に充実したコラムの質は、他のインテリア雑誌の比じゃない。なんというか、「暮らしの手帖」にも通じるものがあるんだけど……。

2-3年前に近所の本屋に入らなくなって、ここ1年ほどは電車で1時間かけて街中の本屋へ行っても手に入らなくなったから、アレ? と思ってたんだよな。

復活を待ってます。
いつまでも。

前の10件 1  2

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2006年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年1月です。

次のアーカイブは2006年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。