強制執行断行

家賃滞納者の建物明渡強制執行が行われました。
今回、本人訴訟でやったので、原告であるワタシも立ち会ってます。

申し立てたのは、建物明渡と動産差押の両方を申し立てましたが、動産の方は予想どおり「不能」となりました。押さえる価値のあるもんはないとゆーことです。

で、まだ荷物がありますので、それは物件から放り出して倉庫に「保管替え」というのをします。
この費用が15万ほどかかりました(-_-;)
滞納者の債務に上乗せされるんですが、そもそも払えないからこうなってるんで、実質上家主の負担です。
滞納者が「いらんからほかして」といった本棚と本や雑多な家具類は、保管替えせずに廃棄処分。……勝手にブックオフに持ってゆく(笑)、というわけにもいかず、この廃棄代も上乗せ。

執行業者が手際よく積み込み、執行官はデジカメを振り回しながら目録を作ったはります。
倉庫に入れて一応、終了。倉庫代も実質こっちの負担。

滞納したご本人さまには、
「日銭は入るから、毎日集金に来てくれたら、数千円ずつでも払ったのに」
と恨み言を言われました。
……集金に行くコストを考えると足が出るんですけど。日掛け金融並みの利息をつけてくれるなら考えま……、もとい、そういうなら毎日持ってきてください (-_-)/~~~ピシー!

倉庫に収めた荷物は、3週間後に競売になります。
滞納者が取りにくれば、とりあえずこちらはこれ以上の費用の負担はないですが、取りにこなければまた処分代がいります……。

さて、一応明渡しは終わったわけですが、金銭債務は回収できてません。
執行官の方がこそっと、「債権回収のほうはどうされますか」と聞いてくれました。
よーするに、この滞納者は自営業なので、店の方にある什器だとか、店の方の敷金なんかも、また申立すれば押さえにいけるわけです。
さて。どうしやう。

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2005年8月10日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「白石宗直」です。

次のブログ記事は「相互リンク受付一時停止」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。