街道をゆく

| コメント(0) | トラックバック(0)

司馬遼太郎の「街道をゆく」がいま、再編集されて雑誌で出てます。
今号は仙台だった。

立ち読みをすると、仙台平野のことを「沃土」と表現してました。
一藩の経済を米に頼り不足するところのないほどの沃土。
この沃土は政宗にはじまる、みたいな。

最近よくひっかかるんですが、どこの地方史を読んでても――いや、私のコトだから宮城県内の地方史なんですが――水沢も登米も亘理も白石も、おおよそ全てのところで、
「ウチの殿さまが来たときには荒れた土地だったのを、がんばってこんだけ発展させたんだよ」
みたいな書き方がしてあるんですね。
でもその「殿さま」はホントにその土地を「荒れた土地」だと思ってたのかな???
そりゃ、記録を書いた人から見れば、「殿さまが来たとき」=過去は荒れた土地だったでしょう。
でもそれが当然のところだと、だれもそうは思わないんじゃあないだろーか。
たぶん伊達家中が懐かしんだ、信達地方や置賜地方も上杉家は似たような書き方をしている気がしますよ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/555

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2005年8月23日 22:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ズッキーニと茄子のカリカリじゃこあえ」です。

次のブログ記事は「アスベスト」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。