パズル

| コメント(0) | トラックバック(0)

こないだ投稿した「白地」の話の続き。

「白地」を消そうとすると周辺の土地の地籍更正をかけて、押しつぶすような形にせざるを得ない、と話されげんなりしていた。
道路明示だけのつもりだったのに、全部測量すると費用が馬鹿にならん。
昔の測量でもあれば多少ましだろうと、と家の中をひっくり返していると、「白地」のない地図が出てきたのは前の投稿のとおり。
これを根拠に法務局が間違いを認めてくれると、すんごく話が早くて助かるのだが、どうなるかな。
ついでに当該地付近の大正時代の測量図も出てきた。
公図と現況の位置関係が合わないので悩んでいたが、この測量図を住宅地図に落とし込むとぴったり合う。
登記簿の面積とも、尺貫法をメートル法に換算するとほぼ合致。おそらくコレが正解だろう。
でも公図の位置関係とは合わない(-_-;)  なんでだよぉ〜。誰だ、公図作ったのは!!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/538

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2005年7月10日 23:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「気がつけば」です。

次のブログ記事は「水道代は語る」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。