夫婦SS〜あばたもえくぼ その3

| コメント(0) | トラックバック(0)

 その「とら」は湯の湧く山里でひっそりと暮らしていた。
 才気・美貌とも並ぶものなしと、政宗の寵を受けていたが、先ごろ痘瘡にかかり、快癒はしたものの無数の痘痕が顔にも残った。それを恥じて引きこもり、行方が知れぬよう、父の宗康にも他言無用を頼み込んだ。
 頭巾を深くかぶり、水を汲みに庭先の井戸へ出ると、このあたりでは珍しい馬のいななきが聞こえ、慌てて家の中に身を隠した。
 馬の足音が家の前でとまり、表に声がした。
「鷹狩に参ったが、水を所望したい」
 聞き違え様のない声。
「どうぞ、庭の井戸をお使いくださいませ」
震えながら言うと、礼を言いたいので顔を出せと言う。
 なおもためらっていると、外から戸が開けられ、奥へ逃げるまもなく抱きしめられた。
 とめどなく流れる涙を、政宗がぬぐってくれた。
「『とら』はもうおりませぬ。このような姿と成り果てて、お仕えはいたしかねまする」
「ならば名をかえて仕えればよい。痘痕面はおれも同じだ。痘痕を恥じるのは、おれへの侮辱と同じだぞ」
 政宗の胸に顔をうずめていたとらは、政宗の顔を見上げた。名をかえるのは確かによい吉処になるかもしれない。でも。
「……『ぶち』……?」
 思わず目を泳がせた政宗の手を、とらは思いきりつねりあげた。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/429

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2005年1月13日 22:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夫婦SS〜あばたもえくぼ その2」です。

次のブログ記事は「更新準備をしていたら」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。