伏見SSシリーズ 朝鮮の梅その4

| コメント(0) | トラックバック(0)

「あの、お伺いしてもよろしゅうございましょうか」
 遠慮がちに聞いたのは、二人の会話をそばでひっそり聞いていた左門だった。
「おうとも」
 政宗と成実が頷くと、左門は質問を続けた。
「お二方とも、庭師をはるばる高麗まで、わざわざお連れになったのですか?」
「…………」
 しばしの沈黙のあと、政宗と成実は、そんなことはない、と力説を始めた。
「太閤殿下は大の普請好きゆえ、彼の地でも普請があるであろうと、黒鍬者を召し連れたのだ。堀を割り、石を積む黒鍬の仕事は、庭の作事にも通じよう。また城といえば庭はつきものじゃ。黒鍬者も庭の経験は豊富で不思議はなかろうが――」
 ややくどくどしい二人の話を要約すると、土木工事の専門家を連れて行き、ついでに梅や竹を持ち帰ったのだ、ということらしい。でも、どうも実は逆――庭師に黒鍬の仕事をさせたのではないか、と左門は思う。確かに作業はかなり共通だし――。
 結局、と左門は結論づけた。
――事実はともかくお二方とも大の園芸好きなんだ。
 しかし、その左門の父・片倉小十郎がひそかに松を持ち帰り、図らずも松竹梅が揃って、留守居の綱元を呆れさせていたことは、さすがの左門にも想像の外だった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/420

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2004年12月18日 22:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「伏見SSシリーズ 朝鮮の梅その3」です。

次のブログ記事は「やっと年末気分」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。